ブログの毎日更新をゆるく100日続けてみて感じたメリットとデメリット

スポンサーリンク
毎日更新をしようか迷っている人
毎日更新をしようか迷っている人

とりあえずで毎日更新をしてみてもメリットはあるの?

デメリットも知りたい。

こんな疑問にお答えしていきます。

ブログを毎日更新するかどうかは、賛否両論ありますよね。

多くの方の結論は「どっちでもいい」です。

成果をあげる人は、毎日更新だろうと、不定期更新だろうと関係ないようです。

私はまったく成果が出ていませんし、毎日更新が100日続くなんて思ってもいませんでした。

そんな私でも毎日更新を100日続けてみて感じたメリットとデメリットをご紹介します。

あくまでも私がやってみて感じたことです。

スタンスはとてもゆるいので、成果を求めている方は参考にはならないでしょう。

私のように、まずはブログを継続することを目的とした方向けの内容となっています。

私も最終的には成果を上げたいと考えていますが、そもそも続けないと意味がありませんからね。

それでは書いていきます。

スポンサーリンク

ブログの毎日更新をゆるく100日続けてみて感じたメリットとデメリット

まずはメリットからご紹介していきます。

ゆるく続けるメリットは7つ

ゆるく続けるメリット

ブログの習慣化

ネタを探すくせがついた。

出来ることが増えてくる。

自分が書く記事の傾向が分かる。

無駄な時間が減った。

続けるための方法を考えはじめた。

ゆるく自信になった。

順番に解説していきます。

ブログの習慣化

まずはブログを書き続ける習慣ができたことです。

というか毎日更新の目的がブログを書くことの習慣化でしたので、そもそもな話です。

逆に言えば、ブログを書く習慣を作らなければ、毎日更新は難しいはずです。

空いた時間でブログを書くスタイルで、毎日更新が継続出来る方は、かなりの精神力の持ち主か、時間が余りまくっている人ぐらいでしょう。

私も含めて、そんな方はまれなはずですので、自分なりのブログを書く習慣というか生活の形が出来てきたことが最初のメリットとしてあげられますね。

ネタを探すくせがついた。

書き始めた当初は、何をネタにしていいかも分からない状態でした。

ですが、ゆるくても毎日更新していることで、なんとかひねり出して、記事にしようと試行錯誤します。

これを繰り返していると、ネタがないという苦しみから逃れるため、普段から自分がネタにできそうなものを探し始めます。

ネタ探しのコツを調べたりなどですね。

そうすることで、何気ないことでも、記事にできそうと見える目が鍛えられるという感じですかね。

例えばイケハヤさんの本に書いてあった目の話なんかもそうですね。

こういった知識が得られたのも、ネタに苦しんだからだと言えますね。

出来ることが増えてくる。

ブログを始めた頃は、記事を書くのが精一杯でしたが、ゆるくても毎日更新することで、ある程度は慣れてきます。

そうすると、記事の見栄えを良くするやり方を調べる余裕が出てきたりして、出来ることが増えていきます。

それもある程度慣れてきたら、記事の構成や、文章術なんかも取り入れみようとしたりします。

要するに最初はなにをするにしても大変だったことが、ゆるくても続けることで、慣れてきます。

自分が書く記事の傾向が分かる。

私の尊敬するマナブさんは、書きたいことは書くなと言われています。

ですが、そもそも得意なことなんかがない私にとっては、どういったことを書けばいいかすら分かりません。

ここで考えすぎず、普段の生活の中で、自分が有益だなと思ったことを記事にする程度のゆるいスタンスでネタ選びをするようにしてみました。

毎日続けることで、ある程度絞り出さないといけなくなり、それが積み重なったら、自分の書くことの傾向がわかってきました。

これを繰り返すことで、ジャンルが絞れてきたりするのかなと感じています。

無駄な時間が減った。

今まではダラダラしてしまっていた時間を、ブログに充てたことで、生活にメリハリができました。

ある程度ブログを書く時間を決めているので、ブログを書く時間が軸となって、時間の意識が高まってきているようです。

今までは、漠然となんか時間が足りない気がすると思っていたのですが、

時間を意識するようになったら、今までの自分の生活には、無駄な時間が結構あったんだなと驚いています。

続けるための方法を考えはじめた。

例えば、前日に下書きを書くことがやりやすいと分かったり、iPhoneのメモアプリを使うのがいいと分かったりなどですね。

細かいこともいくつかありますが、そういう自分なりのノウハウが蓄積されてきたと感じます。

この積み重ねが、レベルアップにつながっているのかなと感じられれば、続けてよかったと思えますよね。

ゆるく自信になった。

継続できたこともそうですが、それ以外でも、できることが確実に増えてきており、成長を実感できています。

ただ、ゆるい負荷なので、他の方と比較すると成長速度ははるかに遅いですが。

ゆるく続けるデメリットは4つ

続けてデメリットです。

4つあります。

ゆるく続けるデメリット

ブログを書くことにゆるく追われる

改善ができていない。

毎日更新のための記事が量産される。

ゆるくても時間は必要

順番に解説していきます。

ブログを書くことにゆるく追われる

あくまでもゆるいスタンスですが、それでも毎日記事を書くということで、追われるのも事実です。

多少つらいなと感じることはあります。

でも、そのための試行錯誤を最近は楽しもうとしています。

改善ができていない。

ありがちですが、毎日記事を書くので手一杯になるため、過去記事を見直すということをほとんどしていません。

メリットのところで書くことに慣れてきても、あくまで記事を書くという点だけで、過去記事の見直しまではできていません。

改善やリライトの必要性は理解していますが、なかなか手を出せずにいます。

ですが、徐々に始めて行こうとは考えています。

毎日更新のための記事が量産される。

ネタがない苦しい中で絞り出して書いた記事なので、サイトの方向性がないこともさることながら、とりあえず更新しました的な記事が量産されているのも事実です。

成果を出していくためには、いかにこういった記事を減らしていけるかがポイントなのでしょうね。

前述の改善の部分にも通じてくる部分だと思います。

ゆるくても時間は必要

どんなにゆるく続けると言っても、最低限書く時間は必要です。

毎日の生活の中から、2、3時間は切り取られるので、平日なんかは自由時間はブログのみなんていう日がほとんどです。

ブログの毎日更新をゆるく100日続けてみて感じたメリットとデメリット まとめ

person standing on white wind mill

何事においても続けることは大事です。

「継続は力なり」

という言葉もあるように、何もないところからでも、継続することで大きな力になります。

まずは、小さくハードルを上げすぎずにはじめてみるのが、継続の秘訣なのだと思います。

私のような凡人のための戦略は、亀のような歩みでも、コツコツ積み重ねていくという地道なものだということですね。

ですが、ハードルを下げすぎて、ただ継続するだけではやはりダメだと感じていますので、ここからは改善に力を入れつつ、できる範囲でハードルをあげていこうと考えています。

まあやっている人にとっては当たり前の話なんでしょうけどね。

最後までお読みいただきありがとうございます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました