派遣で3年以上仕事を続ける方法 派遣の3年縛りを回避する

スポンサーリンク

派遣は3年までしか働けないらしいけど、この仕事を続けたいなー。

派遣で今の仕事を3年経ってもこのまま続けることってできるのかなー?

こんな疑問にお答えします。

労働者派遣法の改正により、

派遣社員は同じ職場で3年以上の勤務を続けることができなくなりました。

今の仕事が気に入っているのに、3年以上続けられないという方は残念ですよね。

でも、3年以上続ける方法がいくつかあるので、お伝えしていきます。

この方法を使えば、3年経っても今の職場を辞めなくて済むかもしれませんよ。

最初に3年ルールには適用されない方をご紹介しておきます。

3年ルールが適用されない方

・ 派遣元事業主に無期雇用される派遣労働者を派遣する場合

 ・ 60 歳以上の派遣労働者を派遣する場合 

・ 終期が明確な有期プロジェクト業務に派遣労働者を派遣する場合 

・ 日数限定業務(1か月の勤務日数が通常の労働者の半分以下かつ 10 日以下 であるもの)に派遣労働者を派遣する場合 

・ 産前産後休業、育児休業、介護休業等を取得する労働者の業務に派遣労働者 を派遣する場合

こちらに該当する方は、3年経っても続けることができます。

参照元:平成27年労働者派遣法改正法の概要[PDF形式:839KB]

では、本題に入りますね。

スポンサーリンク

派遣で3年以上仕事を続ける方法

方法は主に3つあります。

  • 派遣会社の無期雇用派遣社員になる
  • 現在の派遣先に直雇用
  • 現在の派遣先で部署を変えてもらう

の3つです。

順番に解説していきます。

派遣会社の無期雇用派遣社員になる

一番現実的な方法はこれですね。

派遣会社の無期雇用派遣社員になるという形です。

「3年ルールが適用されない方」の一番上に書かれている項目です。

・ 派遣元事業主に無期雇用される派遣労働者を派遣する場合

つまり、有期雇用契約(期限の定めのある契約)でない無期雇用なら、派遣のまま同じ職場に勤務し続けることができます。

変な話なんですが、これでOKなんです。

ここには政府の思惑があります。

政府としては非正規雇用(有期雇用)を減らしたいと考えています。

同じ派遣でも無期雇用契約だと非正規雇用にならないので、無期雇用契約の人を増やして、非正規雇用の割合を減らそうとしているのですね。

なので、同じ派遣という形でも、雇用期間の定めがなくなれば、政府としてはOKみたいな感じですね。

ただ、この無期雇用契約という言葉は最近の言葉なので、定義が結構あいまいです。

「契約期間の定めがないなら正社員と一緒なのでは?」

と考えることもできますが、その辺りは、雇用主によってまちまちな部分もあるので、一概には言えません。

基本的には同じ派遣先なら派遣社員として待遇が変わることはありませんが、派遣先を変える際には、契約内容なんかもしっかり確認した方がいいかもしれませんね。

現在の派遣先に直雇用

派遣先によっての部分はありますが、派遣先の要望があり、本人も希望すれば直接雇用されることも可能です。

法律では、派遣会社は3年経つ前に、要望があれば派遣先に雇い入れの交渉をする義務がありますので、希望があれば、派遣会社に確認するといいですね。

でも、「派遣」ではなくなります。

人によっては、正社員になるのがいやで気楽な派遣がいいという方もいらっしゃいますからね。

また、正社員ではなく、会社によっては契約社員などの待遇になったりする場合も多いようですね。

この辺りも、交渉次第になるのでしょうが、派遣先の受け入れ体制なんかにもよるので、確認しておくのがいいですね。

現在の派遣先で部署を変えてもらう

これは、派遣先の理解がないと難しいです。

しかし、逆に派遣先から申し出があるケースも多いようです。

「派遣のままだと3年しか働けないけど、部署変わってくれたら続けて働けるからどう?」

的な感じですかね。

これも会社によって様々なケースがありますが、そこそこの規模の会社なら、部署を変えるだけで似たような業務に従事できる場合もあります。

なので、こういった方法があるということを覚えておけば、もしかしたら会社側に提案できる場面が出るかもしれませんね。

ちなみに、組織単位などの定義はこちらです。

厚生労働省H Pより

この単位での変更ならOKなのだそうです。

派遣で3年以上仕事を続ける方法 派遣の3年縛りを回避する まとめ

まとめると、

派遣のままで同じ派遣先の同じ部署に勤務するには、派遣会社の無期雇用派遣社員になる方法一択

ですね。

正社員や契約社員でもいいという方は、直接雇用もありですね。

その代わり、派遣先に必要と思われなければいけませんが。

特殊な方法として、クーリングオフというものもありますが、結構難しいです。

ちなみにクーリングオフとは、

「3ヶ月勤務しなければリセットしますよ」

というものです。

つまり3ヶ月休めば、また3年働けますよということです。

簡単そうですが、派遣先側からすれば、そこまでするメリットがあまりないので、応じてくれない場合がかなり想定されますね。

派遣先に相当な理解があるようなら、提案してみてもいいかもしれませんね。

そもそも、そこまでしてもあなたを雇いたいなら、正社員などで直接雇用に応じてもらえるはずですけどね。

派遣の気楽さが気に入っている方は、お試しください。

最後までご覧いただきありがとうございます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました