子供が問題行動を起こす理由とは?アドラー心理学に学ぶ

スポンサーリンク

子供はどうして問題行動を起こすの?

どうして問題行動をするのか知りたい。

こういった疑問にお答えしていきます。

いわゆる問題児といった子供たちは、どういった目的で問題行動を繰り返すのでしょうか?

アドラー心理学の本である幸せになる勇気

の中に、問題行動の5段階と言うものが書いてあったので、ご紹介していきます。

この記事を読むことで、人間が問題行動を起こす目的が分かります。

それでは書いていきます。

スポンサーリンク

子供が問題行動を起こす理由とは?アドラー心理学に学ぶ

結論

まずは理由の結論として、

特別な存在として認めてもらいたいから

です。

要するに承認欲求がこじれてしまっているわけです。

問題行動の5段階とは?

問題行動の5段階とは

第一段階 称賛の要求

第二段階 注目喚起

第三段階 権力争い

第四段階 復讐

第五段階 無能の証明

です。

第一段階 称賛の要求

「もっと私を褒めて」ということです。

いい子を演じるということですね。

これが問題行動の入り口です。

褒められるために行動するようになった子供は、褒められなければ、適切な行動をしなくなります。

第二段階 注目喚起

第一段階で褒められることができなかったりした場合、

「褒められなくてもいいからとにかく目立ってやろう。」

と考えるのが注目喚起です。

目立ちたいと考えるので、手っ取り早く「いたずら」をする悪い子になってみたり、できない子として振る舞って目立とうとしたりします。

例え叱られたとしても、存在を認めて欲しいと考えるということですね。

第三段階 権力争い

誰にも従わず、挑発を繰り返し、戦いを挑み、その戦いに勝利することによって、自分の力を誇示しようとすることです。

いわゆる「反抗」です。

この段階に入ると、対応は非常に難しいものになるとのことです。

第四段階 復讐

第三段階の権力争いで敗れたら、次は復讐の段階に入ります。

自分を認めてくれなかった人に対して憎しみを求めるようになります。

自分を憎むことで自分に注目してくれと考えるのです。

この段階に入ると、ただ単純に悪いことをするのではなく、認めてくれない相手に対して、ひたすら嫌がることを繰り返すのです。

ストーカーなどがその典型ですが、自傷行為なども復讐の一環として考えられます。

自分の価値を毀損することで、

「こんな自分になってしまったのはお前のせいだ」

と訴えるということです。

第五段階 無能の証明

最終形態は無能の証明です。

「もう私に期待しないでくれ。自分はこれだけ無能なのだから。」

という心理です。

人生に絶望し、自分のことを心底嫌いになり、自分には何も解決できないと信じ込むようになります。

周りには、「自分はこれだけ無能なのだから、何も解決できません。」と宣言するように、無能であることをことさらに示そうとします。

あからさまな愚者を演じたり、何事にも無気力になったりなどです。

「もう私を見捨ててくれ。」という段階です。

ではどうすればいいのか?

まずは第三段階に踏み込ませる前に、尊敬を持って接して、ありのままの姿を受け入れてあげることです。

そして、対等な立場で、相手の関心ごとに関心を寄せます。

本当の意味で「共感」するということです。

本当の意味の「共感」とは?

「私も同じ気持ちです。」は単なる同調です。

「共感とは、他者に寄り添うときの技術であり、態度」

と本文中では書かれています。

まずは相手に対して、自分が同じ種類の心と人生を持っていたらと想像することだそうです。

子供が問題行動を起こす理由とは?アドラー心理学に学ぶ まとめ

相手を受け入れて、対等に接するのが大事だということですね。

そのためには、相手を一人の人間として尊敬し、相手の興味関心に共感を寄せるのが大事なのですね。

子供を持つ親としては、大切にしなければいけない考え方ですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました