工場派遣の残業代などの割増手当てまとめ 深夜手当 残業手当 休日手当など

スポンサーリンク

工場派遣の残業代の割り増し手当ってどんなものがあるの?

それぞれどれくらい手当てがもらえるの?

こういった疑問にお答えしていきます。

工場派遣に限らず、残業代などには割り増し手当ての比率が法律で決められています。

では具体的にどういった時に、どういった割合で手当てがもらえるのでしょうか?

このあたりについて解説していきます。

スポンサーリンク

工場派遣の残業代などの割増手当てまとめ 深夜手当 残業手当 休日手当など


割り増し手当てには大きく分けて3種類あります。

割り増し手当てが定められているもの

  • 時間外労働
  • 休日労働
  • 深夜労働

です。

まずは、それぞれについてどれくらいの割合で手当てがつくのかをまとめた表がこちらです。

労働時間 割増率
時間外労働 1.25倍
深夜労働 1.25倍
休日労働 1.35倍
時間外労働+深夜労働 1.5倍
休日労働+深夜労働 1.6倍

です。

参考:厚生労働省H P

ではそれぞれみていきます。

時間外労働の手当てがつく場合

時間外労働は、いわゆる残業ですね。

割増率は1.25倍です。

会社で決まっている勤務時間を超えたものと思われがちですが、じつは

勤務時間が1日8時間を超えた場合

に支払わないといけない手当てです。

例えば、通常勤務が7時間の会社で、法律的に時間外労働手当てを支払わないといけないのは、労働時間が8時間を超えてから、

つまり残業時間が1時間を超えてからの時間だけ支払えばいいのです。

しかし、実際は、雇用契約の取り決めで、その分も残業代を支給している会社も多いです。

あくまで、法律的な話ではということです。

なので、仮に上記のような会社で、残業手当てが1時間分ついていなくても、法律上は問題ないということです。

深夜労働の手当てがつく場合

深夜労働の手当てがつく時間は、

夜22時から朝5時まで

です。

割増率は1.25倍です。

通常の勤務時間でも22時を超えれば深夜手当てがつくということです。

仮に朝3時からの出勤でも、朝5時までは深夜手当てがつくことになります。

休日労働の手当てがつく場合

これはちょっとややこしいのですが、

法定休日に勤務した場合は、割増率は1.35倍になります。

そして法定外休日だと、割増率は1.25倍になります。

では法定休日と法定外休日は何が違うのでしょうか?

法律だと、企業は1週間に1回以上、月に4回以上は休日を与えなければいけないとされています。

一般的には、日曜日と定めているところが多いですが、会社によっては日曜日も通常勤務の場合がありますし、シフトによって休日が変動するところもあります。

しかし、原則は1週間に1回以上、月に4回以上の休日は決められており、その決められた休日を法定休日と呼びます。

では週休2日制の会社ではどうなるかというと、会社によって違います。

会社の就業規則で、法定休日を例えば土曜日と日曜日と決めている場合は、土曜日に勤務した場合、休日労働の割り増し率である1.35倍の手当ての支払い義務が発生します。

しかし、法定休日が日曜日のみの場合だと、土曜日に出勤したとしても、週40時間を超える勤務という扱いで、割り増し率1.25倍の手当ての支払いで良くなります。

ちなみに、法定休日を週に2日も設定している会社はかなり珍しいです。

なので、土日が休みの会社で、日曜日は休みでも土曜日は出勤という場合の割増率は、ほとんど1.25倍と考えていいということです。

たまに、日曜出勤があったとしても、振替休日があれば、振替出勤という扱いにでき、割り増し手当ては適用されないということも覚えておいて損はないと思います。

時間外労働+深夜労働

時間外労働で深夜労働の場合だと、

時間外労働1.25倍+深夜労働1.25倍=1.5倍

の手当てがもらえます。

これは、時間外労働の勤務時間が22時から5時の間になると、支給されるものです。

例えば、21時までの勤務時間の人が、翌日の1時まで残業すると、

21時から22時の1時間 → 1.25倍

22時から1時の3時間 → 1.5倍

という割増率になります。

そして、この手当てがもらえる時間に限って言うと、

同じ仕事を2時間すれば、3時間分のお給料がもらえる

ということも言えます。

1.5倍ですから当たり前ですが、これってすごいですよね。

稼ぎたい人にとっては非常にありがたいことです。

特に、工場派遣では、二交代制や三交代制のところも多いので、このあたりの手当てがあれば、かなり効率的に稼げますよね。

休日労働+深夜労働

割増率は1.6倍です。

工場派遣の方で、この時間で勤務するケースはかなり珍しいです。

というか、工場勤務の方ですら珍しいのではないかと考えます。

工場派遣の残業代などの割増手当てまとめ 深夜手当 残業手当 休日手当など まとめ

まとめると

残業手当、深夜手当てはそれぞれ1.25倍

残業手当+深夜手当てだと1.5倍

休日手当てはだいたい時間外手当扱いなので1.25倍

かなり珍しいが工場によっては、休日手当てが発生する場合(法定休日)もあるかも

といったところでしょう。

残業はともかく、同じ仕事で時給に割り増し手当てがつくのなら、深夜手当てがもらえる時間帯で働ける仕事を探せば、効率よく稼げますね。

最後までご覧いただきありがとうございます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました