論理的な文章とは?【ブログで最も大切】ボーン片桐に学ぶ

スポンサーリンク
論理的な文章を書きたい人
論理的な文章を書きたい人

論理的な文章ってどんなの?

論理的な文章の書き方を知りたい。

こんな疑問にお答えしていきます。

読みやすい文章を書く上での、テクニックはいろいろありますが、

一番大切だといわれているのが、

論理的な文章を書く

だといわれています。

「分かってはいるけど、何が論理的で、どうすればいいかわからない」

って感じる方も多いのではないでしょうか?

私もその一人です。(笑)

なので、論理的な文章とは何で、どうすればいいかということを記事にしました。

今回参考にさせていただいたのは、

です。

アフィリエイトや、ブログをする方たちにとっては、必読の書といわれている本です。

この本に詳しく書かれていたので、ご紹介していきます。

この記事を読むことで、読みやすい文章にとって重要な、論理的な文章を書く最低限の知識が得られます。

スポンサーリンク

論理的な文章とは?

結論

結論は、

「なぜ?」と疑問が残らない文章

です。

理由

理由は、

疑問が残る文章は、論理が飛躍していたり、破綻している可能性があるから。

です。

説明していきます。

「なぜ?」と疑問が残らない文章とは?

「なぜ?」と疑問が残らない文章とは、どういった文章なのでしょうか?

重要なポイントは3つあります。

1 相手がわからない言葉は使わない

2 相手が何に対して疑問を抱いているのか察する

3 「なぜ?」に対する理由を導くための十分な根拠をもっている。

です。

1 相手がわからない言葉は使わない

当然ですが、読者が分からない言葉を使ってしまうと、内容が理解してもらえません。

極力分かりにくいと感じる言葉は避け、もしそのような言葉を使う場合は、必ず説明を入れます。

2 相手が何に対して疑問を抱いているのか察する

「なぜ?」を感じるポイントは読者によって異なります。

読者がもうすでに分かっているであろうことを、丁寧に説明しすぎると、まどろっこしくなり、逆に相手にとって迷惑になる恐れがあります。

そうなると、主張が受け入れられなくなったり、理解を得られなくなってしまいます。

3 「なぜ?」に対する理由を導くための十分な根拠をもっている。

ただ主張を繰り返していても、理由がなければ理解されませんし、理由だけで根拠がなければ、読者は疑問を持ったままになってしまいます。

論理的な文章を構成する3つの要素

論理的な文章にするためには、文章の構成が大切になります。

論理的な文章に必要な3つの要素とは

主張(結論)

理由

根拠(具体例)

です。

誰かに主張を通したいときは、理由が必要です。

そして理由を理解してもらうためには根拠が必要となります。

ここを意識して文章を構成していくことで、必然的に論理的な文章となっていきます。

なので、まずは「型」としてこの構成を意識して文章を書いていくことが大切になります。

論理的な文章とは?【ライティングで最も大切】ボーン片桐に学ぶ まとめ

なぜ?を残さない文章にするには、読者の視点を意識しながら書くのは必須です。

ですが、読者の知識や環境は一人として同じものはないので、それらの方すべてに合わせた文章とは、そもそも存在しないはずです。

なので、届けたい読者を想定して、その方に向けて文章を書いていくという姿勢が大切なのでしょうね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました