集中力を高める場所のポイントは6つ DaiGoさんに学ぶ

スポンサーリンク
集中力を高める場所を探している人
集中力を高める場所を探している人

集中力を高める場所ってどんなところ?

集中力が高まる環境を作るためのポイントを知りたい。

こういった疑問にお答えしていきます。

 

何か作業をしている時に、集中できないと感じる場合は、作業を行う場所に問題があるかもしれません。

それぞれの作業にあわせて適切な場所づくりのポイントをまとめてみました。

参考にさせていただいたのは、

です。

このポイントを見直してみることで、集中力が高まる環境が手に入り、あなたの作業効率やパフォーマンスが高まるでしょう。

それでは書いていきます。

スポンサーリンク

集中力を高める場所のポイント6つとは 

ポイントは6つ

ポイント6つを先に上げておくと

1 モノを減らす

2 スマホの扱い

3 色

4 天井の高さ

5 光

6 音

です。

順番に解説していきます。

1 モノを減らす

散らかっていない部屋や、片付いていない机周りでは当然ですが集中力は高まりません。

そういったモノが作業中に少しでも目に入ると、意識がそちらに取られる可能性があるからです。

そうならないためには、まずはモノを減らすのが重要です。

これは目的別に部屋を最適化することとも言えます。

リラックスするための部屋ならそこまで意識しなくてもいいかもしれませんが、集中したい場所である勉強や仕事をするための部屋には、必要なモノ以外を置かないようにするのです。

そうすることで、何もなさが強制力となり、自然と取り組むべきこと以外をやらなくなるため、必然的にやるべきことに集中できるということですね。

2 スマホの扱い

スマホなどの通知が視界に入る環境も、集中を妨げます。

人間はどうしてもスマホの通知などが気になってしまうからです。

また、一度スマホを手に取ると、あれもこれもと見てしまい、時間をロスすると共に、集中力が奪われます。

なので、サイレントモードにして目につかないところにしまったり、電源を切ったりなど、まずは意識がそちらに向かないように扱い方を工夫することが大切です。

3 色

色が心に与える影響は、色彩心理学としても理論化されています。

例えば、赤色は闘争心を高め、黄色は注意力を高め、緑色にはリラックス効果を高めるなどです。

集中力を高めるためにはずばり「水色」が最適です。

水色には、集中力を高め、体感時間を短くする効果があるといわれています。

なので、集中したい時に、水色が視界に入ることで、集中しやすい状態になるとともに、30分が20分くらいに感じることができるため、思った以上にやることがはかどるように感じられます。

なので、集中したい環境には、何か水色のモノを取り入れることで、こういった効果が得られます。

4 天井の高さ

天井の高い部屋ではアイデアを生み出しやすくなるそうです。

なので、いいアイデアが欲しいと思った時は、天井の高い部屋で行なったり、外に出るなどをしてみるといいということですね。

また、天井の低い部屋は細かい作業に適しています

基礎知識や基本問題を勉強する時や、会計処理や事務作業などは天井の低い部屋で行う方が、より集中できるということです。

5 光

スマホやパソコンが発するブルーライトは、寝る前に浴びると睡眠の質が落ちるといわれていますよね。

ですが、昼間に浴びるブルーライトには、集中力、分析能力、思考力を高めてくれる効果があることがわかっています。

逆に、白熱電球などの黄色く薄暗い光の下ではクリエイティビティがアップします。

これは、意識がぼんやりとした状態になるからです。

明晰な思考が働かない環境だと、脳の別の部分が刺激され、アイデアがでやすくなるのだそうです。

6 音

周りの音でも集中できる内容が変わってきます。

カフェくらいの雑音がある場所だと創造性が求められる作業に適しているのだそうです。

なのでアイデア出しなどはこういった適度な騒音がある場所の方が効果が高いということです。

図書館くらいの静かな場所に適しているのはインプットする作業です。

特に内向的な人はノイズの影響を受けやすいので、静かな環境で作業する方がより集中できるそうです。

集中力を高める場所づくりのポイントは6つ DaiGoさんに学ぶ まとめ

本

まずはモノを減らすことから始めるのが重要ですね。

もし片付けるのが面倒なら、まずはカフェや図書館など、自分が必要とする集中できる環境に出かけるのがいいでしょうね。

そして、クリエイティブな作業で集中したい場合は、

クリエイティブな作業に適している環境

天井が高い

証明が黄色い光

適度な騒音

がある場所を探し、

インプットや細かい作業、分析などの作業で集中したい場合は、

インプットや細かい作業、分析などに適している環境

天井が低い

照明が青白い光

静かな環境

を探せばいいということですね。

ざっくりと考えてみると、クリエイティブなことはカフェで、インプットは図書館でといった感じですかね。

受験生が図書館で勉強したり、クリエイティブな作業が多いノマド的な働き方の人がカフェでよく作業していたりするのは、理にかなっているということですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました