派遣の3年ルールの目的って何?超簡単に解説するよ。

スポンサーリンク

派遣の3年ルールって何?

どういった目的で3年ルールができたの?

こういった疑問にお答えしていきます。

皆さんは派遣の3年ルールってご存知でしょうか?

「派遣で同じ勤務先に3年以上勤務したらいけませんよ。」

という法律です。

何で、政府はこんな法律に変えたのでしょうか?

その目的について解説していきます。

そもそも派遣の3年ルールとは、

2015年9月に改正された労働者派遣法の一部です。

派遣の3年ルールの目的とは?

厚生労働省によると、

「派遣で働く皆様のキャリアアップと雇用の安定を図るため」

が派遣の3年ルールの目的です。

これが結論ですが、ここで疑問が出てきます。

何で3年以上働いてはいけないとすることが、

  • 派遣で働く人たちのキャリアアップ
  • 雇用の安定

になるの?

ということです。

実はこの法律には、3年経ったら派遣会社にある義務が課せられるようになっているのです。

雇用の安定化措置とは?

その義務とは「雇用の安定化措置」です。

派遣スタッフが勤務して3年経ったら、派遣会社は派遣スタッフに対して、

次の4つから派遣スタッフが希望する方法を取らなければいけないとされたのです。

その4つとは、

 1.派遣先への直接雇用の依頼(派遣先が同意すれば、派遣先の社員となります)

 2.新たな派遣先の提供(その条件が派遣で働く方の能力、経験等に照らして合理的なものに限ります)

 3.派遣会社での派遣労働者以外としての無期雇用

 4.その他雇用の安定を図るための措置(紹介予定派遣の対象となること等)

厚生労働省ホームページ

です。

参照:Q&A「派遣で働く皆様へ」について

1 派遣先への直接雇用依頼

派遣先で直接雇ってもらえるように依頼してもらうということです。

正社員や契約社員など、雇用形態はその時の交渉次第ですが、派遣スタッフが希望すれば、交渉してくれるということです。

契約社員だとわかりませんが、もし正社員で採用となれば、一般的にはキャリアアップと雇用の安定ということになるでしょうね。

2 新たな派遣先の提供

もし、勤務先を変えたいとなれば派遣会社は新たな派遣先を探す義務があります。

もっとも、それが派遣会社の仕事なので当然ですけどね。

ここで一つポイントがあって、同じ派遣先でも部署などが変わればOKということです。


厚生労働省ホームページより

なので、部署が変わっても同じ派遣先がいいと考えている方は、要望があればいわゆる配置換えのみだけで続けて働けるということです。

3 派遣会社での無期雇用

これは派遣会社で、期限なしの派遣社員として働くということです。

もちろん、派遣会社のスタッフとして働くことはもちろん、契約期間がなしで派遣先に行って勤務することもできます。

そして、もし3年経って派遣先から要望があれば、無期雇用として、派遣スタッフのまま同じ職場で勤務することも可能です。

その際は、時給や勤務内容も同様に引き継がれる可能性が高いため、さらに安心して勤務できるようになります。

4 その他雇用の安定を図るための措置

これ以外でも勤務してもらえるように努力してくださいねということですね。

就労支援や紹介派遣の活用といったところですね。

派遣3年ルールの政策的な目的とは?

これまでは派遣スタッフ側の目的でしたが、政府としての目的は、

「企業が派遣社員ばかりを使いすぎないようにして、正社員の雇用を確保する。」

です。

企業にとっては、リスクの多い正社員を雇うよりは、契約社員や派遣社員などの、非正規雇用の従業員を増やすことで、経営体制が強化できるという面もあります。

経済情勢が厳しい中で非正規雇用が増えるのは、自然な流れともいえますね。

ですが、政府にとっては非正規雇用の比率を減らしたいと考えていますので、この法律改正で歯止めをかけていきたいという考えです。

契約期間のない無期雇用契約は非正規雇用には当たらないので、非正規雇用の比率を減らすためにこういった法改正を行ったという面もあるでしょうね。

派遣の3年ルールの目的って何?超簡単に解説するよ。まとめ

2020年4月から施行されるいわゆる「同一労働同一賃金」の法律で、にわかにまた派遣にまつわる話題が増えてきていますね。

ここで確認の意味も込めて、サクッとどういったものか記事にして見ました。

要するに、

不安定な有期雇用の派遣のままでいるより、3年経ったら直接雇用や無期雇用の契約にどんどん切り替えてくださいね。そしたら非正規雇用の比率が減るから!

といったところでしょうか。

働き方改革では政府の思惑も見え隠れしますが、

私たちは私たちで、法律をうまく利用して、

より働きやすい環境で働けるようになったらいいですね。

最後までご覧いただきありがとうございます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました