同一労働同一賃金の本当の狙いとは?政府の目的を推測したよ

スポンサーリンク

同一労働同一賃金の狙いって何?

何か隠れた目的ってあるの?

こういった疑問にお答えします。

2020年4月から施行される、

いわゆる同一労働同一賃金制度ですが、

一般的な目的は、

有期雇用労働者の待遇改善

です。

ざっくりいうと

同じ仕事をしているなら、契約社員だろうと派遣社員だろうと

同じお給料、同じ待遇にしてくださいね。

ということです。

参照:厚生労働省ホームページ

でも果たしてそれだけなのでしょうか?

実は別の理由があるのではないかと考えています。

キーワードは

「無期雇用契約」

です。

スポンサーリンク

同一労働同一賃金の本当の狙いとは?

先に結論を書いておくと、

有期雇用契約の人を減らすため

です。

理由は、

企業側が有期雇用契約の人を雇うメリットが減るから

です。

解説していきますね。

同一労働同一賃金が対象の人

そもそも、今回の法改正で対象となっている人は、

雇用契約に一定の期間がある有期雇用契約の人のみ

なのです。

つまり、無期雇用契約の方は対象外ということですね。

無期雇用契約とは?

いわゆる正社員は、この無期雇用契約に該当します。

しかし、最近は、無期雇用契約社員や、無期雇用派遣社員といった、雇用契約に期限のない新しい雇用形態が増えてきています。

無期雇用は、正社員だけではないということです。

極端に言うと、今までのように待遇の良くない契約でも、有期雇用でなければ、今回の同一労働同一賃金に抵触しないということです。

では企業はどうするか?

となると、企業としては、待遇の改善が必要な有期雇用契約の人よりも、無期雇用でも使い勝手の良い人を採用したくなりますよね。

そして、今までの待遇のままで雇用を継続してもらうために、あえて無期雇用契約に切り替える企業も増えてくるでしょう。

だって無期雇用なら、待遇の改善をしなくてもいいのですから。

なので、

有期雇用で雇うメリットがある企業が減っていくため、

有期雇用契約の求人自体も減り、有期雇用の人が減っていく

ということです。

政府の狙いは?

政府は、企業がこうなるであろうことを見越して法改正をしているのでしょう。

では、なぜ政府はそんなことをするのでしょうか?

それには、正規雇用と非正規雇用という言葉が関係しています。

実は言葉の定義として、

正規雇用者 →  無期雇用労働者

非正規雇用 →  有期雇用労働者

なのです。

正社員ではなくても、雇用契約に期限がなければ、正規雇用に当てはまるということです。

ここは結構勘違いしている人も多い部分ですね。

もちろん、雇用契約の期間の定めがないということは、安定した収入を得られるという面もあります。

しかし、極端にいえば、労働者に不利でも、無期雇用労働者にさえなってくれれば、政府としてはOKとも考えられます。

なぜなら政府は、

非正規雇用の比率を減らしたいから

です。

非正規雇用の比率が減り、正規雇用の人が増えれば、今の日本だと、より良い社会になるという風潮です。

政府としても、成果を数字で見せたいので、この比率をよくしたいと考えています。

同一労働同一賃金以外にも

政府は他にも、非正規雇用比率を減らす(無期雇用労働者を増やす)ために、3年ルールと5年ルールを施行しています。

3年ルールは、2015年4月施行の改正派遣労働法で、

3年以上有期雇用派遣で働いてはいけませんよ。

というルールです。

派遣3年ルールとも言われます。

そして、5年ルールは、2013年4月施行の改正労働契約法で、

有期雇用契約の人は5年働いたら無期雇用契約に切り替えてもらう権利が得られる。

というルールです。

無期転換ルールなんかとも言われています。

これらのルールも、表向きは安定した雇用のためという目的です。

5年ルールは分かりやすく、無期雇用を促していますが、

3年ルールでも、実は無期雇用なら3年以上働いてもいいという条件があります。

なので両方とも、無期雇用契約に切り替える人を増やすために作られたルールと言えます。

同一労働同一賃金の本当の狙いとは?政府の目的を推測する まとめ

まとめると、政府の狙いは、非正規雇用比率を減らして、今まで有期雇用労働者だった人にも、もっと効率よく働いてもらおう(フルタイムで)ということですね。

しかし、今までは、正規雇用と非正規雇用の基準が明確でしたが、今後は労働者の待遇の実態が見えにくくなるでしょうね。

雇用形態で一括りにできなくなってしまいますからね。

例えば、準社員でも正社員とはかなりの待遇格差があったり、無期雇用派遣社員だとかなり粗悪な環境で勤務させられたりなんかも今後起こっていきそうですね。

つまり、政府の思惑で肩書きが変わっても、実際の待遇格差は是正されないかもしれないということです。

派遣なんかだと、嫌なら契約を更新しないという穏便に退職するという選択肢も、無期雇用契約ならしっかり退職しないといけなくなりますからね。

働き方の自由度が逆に減ってきてしまっているのではないかと感じます。

最後までご覧いただきありがとうございます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました