同一労働同一賃金とは?派遣社員は何か変わるの?

スポンサーリンク

政府は働き方改革の一つとして、同一労働同一賃金制度を2020年4月から始めます。

派遣社員は待遇が何か変わるの?

どういった風に変わるの?

こういった疑問にお答えしていきます。

スポンサーリンク

同一労働同一賃金とは?派遣社員は何か変わるの?

仕事を干された会社員のイラスト(男性)

結論

派遣社員は給与が上がる可能性も増えるが、派遣切りに会う可能性も高くなる。

です。

理由

法に従って格差を見直すために、単純に非正規雇用の給与水準は上がるかもしれないが、その分企業の負担が増えるため、派遣社員は契約を打ち切られたり、派遣社員の雇い入れ自体控える企業も増えてくる可能性があるから

です。

具体的にみていきますね。

そもそもどういった内容の法律なの?

企業内において正規雇用と非正規雇用の間での不合理な待遇差を解消しましょうね。

というのが目的です。

ここでのポイントをいくつか見ていきます。

正規雇用と非正規雇用の線引きは?

今回の法改正で対象となってくる非正規雇用の方とはどういった方達なのかというと、有期雇用契約の方が対象です。

気をつけるのは、無期雇用の契約社員は法的には正規雇用として扱われるので対象外となります。

具体的には、有期雇用契約社員、派遣社員、パートタイム労働者などが対象となります。

不合理な待遇差の解消とは?

企業側が説明できないような雇用形態の違いによる格差は見直さなければいけませんよ、という意味ですね。

同じ仕事していて、正社員と正社員でない人の給料が全然違うようならば、それが正当であることを企業側が合理的に説明できなければいけませんということです。

逆にいえば、正当であることが説明できれば今まで通りでもOKということになります。

この辺りは企業側のスタンスによって変わってくる部分になるのではないかと思います。

ですが、給与水準のみではなく、福利厚生や研修教育なども同水準にすることが求められているため、全てを今まで通りというのは考えづらいですから、大企業ならば何らかの対応はあると考えられますね。

今後は?

大企業は2020年4月から対応しなければいけませんが、中小企業は2021年4月から対応と企業規模により段階的に法規制の対象となります。

罰則規定はありませんが、何か問題が起きた時には企業の社会的信用に関わりますので、悪質なブラック企業とかではない限りは、何らかの対応はしてくるでしょう。

同一労働同一賃金とは?派遣社員は何か変わるの?まとめ

困った

派遣社員の方からすれば、給与面や待遇面が改善される可能性があるため、メリットを感じやすいかもしれませんね。

ですが、企業側からすれば、非正規雇用の方を雇い入れるメリットの一つである人件費の抑制がしづらくなるため、それならわざわざ非正規雇用を増やそうとは思わなくなりますよね。

なので派遣契約の打ち切りや、派遣切りなども今後は増える可能性があります。

また、正社員の給与を減らす口実になるかもしれませんので、企業の考え方次第では、正規雇用の給与水準が下がる可能性もあります。

この辺りは、実際に働いている方が

「今後うちの会社はどうしていくのかな?」

とある程度考えながら、いろいろ想定して今後行動していく必要があるのではないかと思います。

まあ単純に、給与が上がるだけのラッキーな方も増えるとは思いますけどね。

いずれにせよ今後に対する考え方の一助となれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました