無期雇用派遣のメリットって何?デメリットも知りたいです。

スポンサーリンク

無期雇用派遣になるメリットって何?

デメリットも知りたい。

こういった疑問にお答えします。

最近よく聞く無期雇用派遣。

派遣会社に採用されることでなれたりします。

では、無期雇用派遣社員になることで、いったいどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

通常の派遣と比較して、働きやすいのか参考にしてみてください。

無期雇用派遣については下の記事をどうぞ。

スポンサーリンク

無期雇用派遣のメリットとデメリット

メリットは、

  • 収入が安定する
  • 給与体系が変わるかも
  • 3年ルールを無効化できる

の3つです。

そして、デメリットは

  • 採用試験がある
  • 仕事が選びにくい
  • 辞めにくくなる

の3つです。

では解説していきます。

無期雇用派遣のメリットは3つ

収入が安定する

まずはやはり、雇用が安定して、収入が安定することです。

通常の派遣だと、契約更新がされなければ、仕事がなくなってしまいます。

ですが、無期雇用派遣ではそういった心配がなくなります。

当たり前ですが、期限のない雇用契約の大きなメリットの一つです。

給与体系が変わる可能性がある

あくまで可能性の部分ですが、無期雇用派遣だと月給制になる会社が多いです。

もちろん会社によるのですが、月給制になると、時給制や日給制のときのように、月によってのばらつきがなくなります。

毎月ある程度決まったお給料がもらえるようになります。

こうなると、さらに生活が安定しますよね。

もちろん、無期雇用派遣社員でも時給制の会社は多いので、

採用される際はその辺りもきちんと確認するべきですね。

3年ルールを無効化できる

実は、実際のメリットで一番大きいのはここなのかもしれません。

というのも、派遣社員は現在、

同じ派遣先に3年以上勤務してはいけません

というルールになっています。

せっかく気に入った職場で、会社からも必要とされているのに、辞めないといけないのはもったいないですよね。

ところが、無期雇用派遣社員なら、この3年ルールの適用外となるので、何年でも、派遣のままで働けます。

せっかく見つけた気に入った職場でずっと働きたいですもんね。

もちろん、派遣先企業との契約が終われば働けなくはなりますけどね。

無期雇用派遣のデメリットも3つ

採用試験がある

実はこの無期雇用派遣は、

「派遣会社に常に雇用されている状態」

になるということなのです。

通常、労働者は派遣会社に「登録」して、

実際に派遣先で勤務を開始した時から、

派遣会社との間で、雇用契約が発生します。

しかし、無期雇用派遣で雇用されると、派遣会社は派遣先で勤務していない時でも、お給料を払わないといけなくなります。

なので、きちんと働いてくれる人を選ばなければいけませんよね。

というわけで、派遣会社も選ばないといけないので採用試験を受ける必要が出てくるわけですね。

仕事が選びにくい

派遣会社に採用されても、好きな派遣先に行けるとは限りません。

なぜなら、月給制だと、お給料が毎月決まっているので、それ以上に派遣先で稼いでもらわないと赤字になるからです。

「週3回程度のお仕事」とか「一日5時間程度のお仕事」なんかは当然ですが選べなくなってきます。

また、働いていない待機期間であってもお給料が発生するので、希望とマッチしなくても、行かざるを得ない状況も生まれてきます。

派遣会社によっては、使い勝手の良い派遣要員としてこき使われてしまう可能性もあるということです。

辞めにくくなる

雇用期間が決まっていれば、契約更新をしなければ比較的穏便に退職できます。

ですが、無期限だと、そういったタイミングはないので、必然的に辞めるタイミングは自分で切り出さなければいけなくなります

地味にこれは嫌な人にとってはすごく大きなデメリットとなります。

派遣先が気に入らなければ、派遣先を変えて貰えばいいです。

でも、派遣会社そのものを辞める時は、結構言いづらかったりします。

この点も、通常の派遣と比べたときのデメリットになりますね。

無期雇用派遣のメリットって何?デメリットも知りたい まとめ

新しい働き方の一つである無期雇用派遣。

政府の方針で今後こういった働き方の人は増えてくるでしょう。

そういった中で、どういった働き方で、実際にどのようなメリットデメリットがあるかを理解できれば、選択肢も広がりますよね。

最後までご覧いただきありがとうございます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました