同一労働同一賃金は無期雇用派遣社員も対象?対象外?どうなの?

スポンサーリンク

同一労働同一賃金は無期雇用派遣社員に関係あるの?

同一労働同一賃金で無期雇用派遣社員はどうなるの?

こういった疑問にお答えします。

2020年4月から施行される同一労働同一賃金制度。

簡単に言うと、

同じ仕事をしていたら、同じお給料を支払ってくださいね。

という法律です。

現在、無期雇用派遣社員で働いている

これから無期雇用契約社員になる予定

のような方にとって、この法律が対象になるのか対象外なのか気になりますよね。

また、この法案の影響で無期雇用派遣社員はどうなっていくのかについても書いていきます。

この記事を読むことで、無期雇用派遣社員の方は同一労働同一賃金が対象なのか、また、施行されたらどうなっていくのかが分かります。

それでは書いていきます。

スポンサーリンク

同一労働同一賃金は無期雇用派遣社員も対象?対象外?どうなの?

最初に結論を書きます。

結論は、

無期雇用派遣社員は同一労働同一賃金の対象外です。

なぜなら、

対象となる人は、有期雇用契約の人たちだけだからです。

解説していきます。

どんな法律なの?

同一労働同一賃金の法律の名前は、

「パートタイム・有期雇用労働法」

「労働者派遣法」

です。

法律の名前からもうすでに、無期雇用の人は対象外だということが分かりますね。w

厚生労働省の同一労働同一賃金の特集ページでは、

同一労働同一賃金の導入は、同一企業・団体におけるいわゆる正規雇用労働者(無期雇用フルタイム労働者) と非正規雇用労働者(有期雇用労働者、パートタイム労働者、派遣労働者)の間の不合理な待遇差の解消を目指すものです。

厚生労働省HPより

同一企業内における正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間の不合理な待遇差の解消の取組を通じて、どのような雇用形態を選択しても納得が得られる処遇を受けられ、多様な働き方を自由に選択できるようにします。

●パートタイム・有期雇用労働法:大企業2020年4月1日、中小企業2021年4月1日より施行

厚生労働省H Pより

と書かれています。

参照元:同一労働同一賃金特集ページ

法律上は、無期雇用派遣社員は非正規雇用ではなく正規雇用の扱いになるということも分かりますね。

派遣の場合だとちょっと特殊

同一労働同一賃金では、派遣社員に対する扱いは、ちょっと特殊になっています。

そもそも、派遣社員はあくまで派遣会社に雇われています。

なので、派遣先としてもどう対応すればいいか取り決めが必要だからですね。

その取り決めとして、労働者派遣法も改正されています。

気になる方は厚生労働省のH Pをどうぞ

厚生労働省H Pより:派遣労働者の同一労働同一賃金について

今後の派遣先の企業の対応は?

ということで、繰り返しですが、

無期雇用派遣社員は、同一労働同一賃金の対象外になります。

なので、このタイミングで待遇が改善されることはないということです。

ですが、

「通常の派遣社員の方達の対応が変わる可能性があるなら、企業もいちいち分けるのも面倒だから、一緒に変わったりしないかな?」

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ここについては、現状だと、派遣社員の方も待遇が変わる可能性は低いと考えるべきですね。

なぜなら、先ほども書いた派遣の場合はちょっと特殊ですよという部分で、労使協定を結べば今のままでも問題なくなるからです。

要するに、通常の派遣社員も今までと変わらないケースがほとんどになるということですね。

同一労働同一賃金は無期雇用派遣社員も対象?対象外?どうなの?まとめ

世間では、同一労働同一賃金が施行されれば、

正社員のように給料が高くなる

正社員のようにボーナスが出る

正社員と同じような福利厚生になる

と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、正直難しいようです。

適用されるケースの方がかなり少ないでしょう。

ここに関しては、政府の目的が別にあるからという見方もできます。

よかったら下記記事もどうぞ。

いずれにしても、世の中そんなに甘くないということですね。

最後は愚痴っぽくなってすみません。

最後までご覧いただきありがとうございます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました