男の一人暮らしの食費を節約する考え方 目指せ月1万円編

スポンサーリンク
もち

あなたは毎月の食費がどれくらいか分かりますか?

特に一人暮らしをされている男性の方は分かっていない方も多いのではないかと思います。

夕方のスーパーの惣菜コーナーやお弁当コーナーにお世話になっている人も多いのではないでしょうか。

私も学生の頃などはいつも買ってきたものや外食で済ませていて、食器を洗った記憶すらありません。(笑)

この記事では

・とりあえず食費を減らしたい人

・でもあんまり面倒くさいことはしたくない人

・ただ食費を減らすだけではなく健康にも気を使いたい人

このような方に、私が実践している食費の節約に対する考え方をご紹介していきたいと思います。

基本的な考え方は、無理なく、ある程度は健康的に

節約していくということです。

節約しても体壊したら余計お金かかっちゃいますもんね。

スポンサーリンク

男の一人暮らしの食費を節約する考え方

1 食費の予算を決める

まずは自分の食費の予算を決めます。

私のやっている方法をすべて実践できれば1万円以下にはなりますが、人によっては

「こんなのはいきなり無理」

とか考える人もいるかと思います。

今までやってなかった人がこの記事の内容を実践すればするほど、使う食費も減っていきますが、まずはできることからやってみるのが大事です。

「今月はまず3万円でやってみよう」

「1週間だけ5千円でやってみよう」

とかでもいいので、予算を決めて行動することが大事です。

そして、達成できれば、徐々に減らしていくのがいいと思います。

今では、スマホで簡単に記録できるアプリもたくさんあるので、そう言ったものを活用すれば、結構楽に管理できちゃいますよ。

ちなみに、一人暮らしの男性の食費の平均は「4万5千円」くらいだそうです。

せめて平均以下には抑えたいですよね。

2 自炊する

自炊といってもお米を炊いたり、お湯を沸かしたり、フライパンで焼いたり、ちょっと切ったりという程度ができれば大丈夫なレベルです。

もちろん食べたいものにもよりますが、基本的には

この程度ができれば問題ないレベルで実践できると思います。

今まで外食やコンビニメインの方が外食を減らして自炊するだけでも、2、3万円は普通に減ってくるのではないでしょうか。

と、いうくらい食費を節約するには自炊は欠かせないということです。

3 買い物の回数を減らす

自炊していても、毎日スーパーにいくのはオススメしません。

なぜなら、スーパーには誘惑がいっぱいだからです。

特に仕事帰りに毎日立ち寄ってしまうと、

「今日は疲れたからお弁当でいいか」

となりがちになります。

また、お腹が空いているので、余計なものも買ってしまいます。

なので、オススメなのは

「お腹が空いていないときに、曜日を決めて買い物に行く」

です。

余計なものを買わなくてすみますし、お弁当の誘惑にも惑わされません。(笑)

そしてスーパーには特売日などがあるので、それを調べて、

この曜日はここなど決めておくとさらに食費を落とすことができます。

そして、買い物の回数を減らすと、

食材を管理してペースを考えないといけなくなるので、食材のあまりなどが減ってきます。

一人暮らしだと、作りすぎて結局余ってしまい、

もったいないからお腹いっぱいでも無理やり食べるということはよくあります。

(貧乏性な私だけかもしれませんが(笑))

そうならないためにも買い物に行く回数は極力減らすのがいいです。

4 冷凍庫をフル活用する

冷凍庫って使ってますか?

アイスくらいしか入れてないのではないでしょうか。

実は冷凍庫を活用することで、

「電子レンジだけでご飯ができるようになる」

のです。

どういうことかというと、あらかじめ作ったものを冷凍庫に入れておけば、

チンするだけでご飯ができるということです。

これは非常に大事なことで、自炊は何をおいても面倒くさいです。

料理が好きならいいのですが、

毎回食べたいものを考えるというプロセスを省くことができます。

冷凍庫に一食分を小分けにしたものを2種類くらい入れておいて、

「今日はどちらにしよう」くらいの方が頭を使わなくて済むので楽ですし、

この「楽だ」という感覚が継続するためにはとても重要になるからです。

もちろん食べたいものがあるときはそれを優先して

、頑張って作ればいいのですが、

毎日していると今日は何食べたいんだろうと思う日も出てきます。

そんなときは、冷凍庫に忍ばせておいたものをチンして食べればいいのです。

ご飯も一食分ずつ小分けにすれば、毎回炊かなくてすみます。

また、お肉などは量が多ければ、グラムあたりの値段も安くなりますので

、切って小分けにして使う分ごとに冷凍しておけば、使うときにも便利ですし、

食費も抑えることにつながります。

冷凍庫を使いこなすことは、

食費節約を継続していく上でも重要だと私は思っています。

5 安い食材は健康にいいものが多いと知る

よく言われている節約するときに使う食材は案外栄養価が高いものが多いです。

定番としては、もやし、豆腐、納豆、鶏肉(胸肉やささみなど)卵、玉ねぎ、キャベツなどです。

もちろん私もよく食べていまして、自分で言うのもなんですが、かなり健康だと思います。

外食や、コンビニ弁当ばっかりの頃は、はっきりいって健康状態は最悪でした。

(食生活だけではなく生活習慣にも問題はありましたが)

結婚してかなり改善されましたが、その後単身赴任で一人暮らしをするようになり

、更に健康になってきている実感があります。体重も10キロ減りましたし。

75キロ→65キロ

食べたいものを食べるのもいいのですが、私はこの安くて栄養価の高い食材を使って、健康的に節約する方法が一番コスパ的にも高いと感じています。

男の一人暮らしの食費を節約する考え方 まとめ

もち

食費を節約する上で大事なのは考え方ですが、

なぜ節約するのかということを明確にしておくことも大事です。

ただ漠然と、食費減らせたらいいなーぐらいだと多分長続きしません。

ではどうすればいいかというと、

「自分にとってのメリットを考える」

のがいいと思います。

毎月の食費を3、4万円くらい節約できたら何ができるのか?

月3、4万円あれば年間で40万円くらいの節約になりますよね。

を考えるとワクワクしませんか?

その節約した分で、何をしたいのかを明確にすると、

結構なモチベーションになると思います。

その上で、健康になれるのであればやりたいと思うのではないでしょうか。

次の記事では、男の一人暮らしを節約する具体的な方法を書いていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました