男の一人暮らしの食費節約術 スーパーハードモード 月5千円編 人を選びます

スポンサーリンク
食費を節約したい人
食費を節約したい人

食費を限界まで減らすにはどうしたらいいのかな?

今回は実際に私が試してみた食費を月に5千円以内に収める方法をご紹介します。

調べてみたら、1日を1食にする方法だったり、ほとんど食べずに、男性なのに体重が48キロまで落ちたりなど、かなりの精神力を必要とする方法が紹介されています。

多分普通の人には無理です。

今回の私が提案する方法は、

「いかに健康的に、節約していくか?』

をテーマにしています。

実際にこの方法で数ヶ月生活してみて、かなり体調がよくなったり朝の目覚めもすっきりしたりと健康的になったと自覚しています。

まだ食費の節約を何も試していないのであれば一度こちらの記事を読むのをオススメします。

食費を月1万円以内に節約するだけでもかなりメリットはありますが、今回は、スーパーハードモードと銘打って私なりに極限まで食費を減らすことを目指した結果です。

もちろん、人によって合う合わないがありますが、少なくともこの方法を実践してみれば、毎月の食費を5千円以内にできますので、興味のある方は読み進めてみてください。

それでは実際の方法を見ていきましょう。

スポンサーリンク

男の一人暮らしの食費節約術 スーパーハードモード 月5千円編

2つの基本的な考え方

1 夕食を食べない

まず今回の方法の最大の特徴は夕食を食べないことです。

その代わり、朝食をしっかり食べてここで必要な栄養素を確保します。

最近の研究では、空腹の時間が多いほど健康になるという見解が増えています。

胃に何もなければ、内臓が休めるので、その時間が多いほど内臓が疲れず

疲労軽減などの効果があるそうです。

そして三食の中で夕食が一番コストが高くなりがちなので、

夕食を食べないというのが私の中で食費を節約する最も効果的な方法だと考えています。

2 毎日ほぼ同じものを食べる

コストを落とすには食材を絞ることが大切です。

そして、今日は何を食べようかなと考えると色々食べたいものが浮かんできて誘惑に負けてしまう可能性も高くなります。

なのでこういった思考を排除してしまうためにも、毎日食べるものを決めてしまう方が効率が良くなり、雑念も入らなくなります。

毎日食べるものを考えるのが面倒だなと少しでも感じることがあったり、毎日結構同じものばっかり食べている方などなら、取り入れやすいのではないかと思います。

余談ですが、いつも決めることを減らすことで、脳の負担も減るようになるそうですので、習慣になれば考えなくてすむようになり、脳の負荷も減らせるようになるのではないかと思ってます。

具体的に食べるもの

1 朝食

ここで必要な栄養素を確保していきます。

メニューは、ご飯に納豆をかけて目玉焼きをのせたものと、

玉ねぎスープです。

これを毎日食べ続けます。

2 昼食

おにぎり2個とおにぎり用味のり2枚です。

ゆかりを混ぜます。

飲み物は水筒を持参します。

これだけです。

3 玉ねぎスープ

朝食で紹介した玉ねぎスープの作り方をご紹介しておきます。

と言っても玉ねぎをみじん切りにして、1リットルほどのお湯で茹でて、

めんつゆ200ml入れるだけですけど。

これを容器に入れて冷蔵庫で保存して、その都度レンジで温めて使っています。

これで大体5日くらいは持ちます。

実際にかかる費用

分かりやすく表にまとめます。

ちなみに私がすむ地域の近隣の最安値で表示してます。

食材 価格 購入頻度
お米(10キロ) 2180円 月1回 2180円
卵(10個) 198円 月3回 594円
納豆(3パック入り) 45円 月に10個 450円
味のり(30枚入り) 258円 月2回 516円
玉ねぎ 19円 月に6個 114円
ゆかり 275円 月2回 550円

これで消費税込みだと4756円です。

この余った中から必要に応じて調味料を買い足していけばいいです。

私が使っているのは、味塩こしょう、めんつゆ、おろし生姜です。

味塩こしょうは目玉焼きにかけて使っています。

めんつゆは玉ねぎスープと納豆のタレ代わりです。

おろし生姜は納豆用です。カラシでもいいと思います。

男の一人暮らしの食費節約術 限界スーパーハード モード 月5千円編 まとめ

実際書いてみるとなかなかですね。(笑)

私は最長で3ヶ月くらい継続してみたのですが、体調は問題なしで、逆に良かったりしました。

私にはあっていたのでしょう。

体重に関しても始める前は65キロで終わった時点で65キロだったので、

体重が落ちてはいないですね。

ただ、始めるときはかなりの精神力が必要なので、もちろんみなさんにオススメできる方法ではありません。

私のようなもやしメンタルでも、3ヶ月だけ試してみよう的なモチベーションだったので、まだ出来たのではないかと思っています。

今は今月は1万円、今月は5千円、など月によって使い分けたりしてます。

甘いものも食べたいですし、たまにはビールも飲みたいので。(笑)

ですが、強固なメンタルと、節約への強い目的意識のある方なら継続できる内容なのではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました