男の一人暮らしの食費を節約する買い物術 目指せ月1万円編

スポンサーリンク
食費を節約したい人
食費を節約したい人

毎月の食費って1万円くらいにならないかな?

こう思っている方は読んで欲しいです。

私がやっていた食費を月1万円以内に収めるやり方です。

実際には毎月の食費を5千円以内に収める荒技も試してますが、

今回はなるべく再現性のある方法をご紹介していきたいと思います。

いかに栄養価の高い食材を使いつつ食費を減らすかに焦点を当てていますので、

実践すれば体調管理にも役立つのではないかと思っています。

そして今回は買い物の方法に焦点を当てていきます。

業務スーパーでの買い物がメインですが、

あくまで私の住んでいる地域周辺の最安値を掲載しているだけなので、

近隣に業務スーパーがない方は、

これよりも安いものがあればもちろんそれらを使ってください。

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク

男の一人暮らしの食費を節約する買い物術 月1万円実践編

1 買い物の回数は週1回

今回の方法では、主食はお米です。

まず、業務スーパーで10キロ2180円のお米を買います。

多分これが最安値です。

なければ10キロ3000円くらいであると思いますが、

これを見つけられるかどうかで、

予算が1000円近く変わってきます。

なければ5キロ1500円くらいのお米と、

パスタ5キロ1000円(1キロ200円くらい)で主食を併用するのも手ですが、

どうせ毎日お米を炊くので、

パスタにすると少し手間が増えます。

これを月1回買います。

10キロのお米は毎日2合ずつ炊いても一月もちます。

これを昼、夜で1合ずつ食べるのが基本スタイルです。

パスタの場合は夜はパスタにします。

そして残り予算は7千円から7千500円くらいになりますので、

1回の買い物に使える予算は1500円くらいになります。

こうして1回の買い物で使える予算を決めることで、1万円以内で食費を抑える土台ができます。

2 お昼はおにぎり持参、飲み物は水筒持参

お昼ご飯はランチに行きたいところですが、グッと我慢しておにぎり2こで済ませます。

おにぎり2こでもお米は腹持ちがいいので、

結構充分だったりします。

おにぎり2こはお米1合分くらいでいいと思います。

業務スーパーの味のり(258円)で食べると結構美味しいです。

ゆかり(275円)やふりかけ(78円)

なんかでアレンジするのもオススメですし、

シンプルに塩だけでもいいと思います。

そして飲み物は水筒持参で自分で沸かしたお茶やお水を持っていきます。

コーヒーを持参するのもいいですね。

業務スーパーでのオススメは、

ユニバースターゴールド(268円)

詰め替え用(248円)

です。まだ安いのもありますが、味が結構違うので、私はこれを飲んでいます。

そんなにくせがなくて美味しいですよ。

夏場は水分補給が大切になるので、

私は2リットルのペットボトルの水を何回かに分けて水筒に入れて持参していました。

安ければ、カインズなどで、

2リットル6本入りで300円(1本50円)くらいであったりするので、

探してみてもいいかもです。

手間でなければ、

麦茶なんかを沸かして持っていくのもありだと思います。

3 朝食は食パンと玉ねぎスープ

朝食に使うパンは、

業務スーパーの朝の輝き(74円)です。

4枚切りから8枚切りまでありますのでお好みでどうぞと言いたいところですが、

やはりコスパ的にも1枚10円以下になる8枚切りを選びたいところです。

私はパンにはバターかジャムを使っています。

マーガリンは安いですが、健康にはかなり悪いそうですので使っていません。

もちろん人にもよると思います。

ここではジャムのオススメとして、

ブルーベリージャム(348円)です。

内容量は770gで結構大きいので、

うまく使えば2週間ぐらい、人によってはもっと持ちます。

なぜブルーベリーかというと健康にいいからです。

そして、ブルーベリーの実がゴロゴロ入っているので、食べ応えもあるので気に入っています。

ここはお好みでイチゴジャム(268円)やマーマレード(278円)でもいいです。

むしろコスパ的にはこちらの方がいいですね。

そして、朝はとにかく体温を上げるのがオススメなので、スープも一緒にとるといいと思います。

オススメは玉ねぎのスープです。

玉ねぎをみじん切りにして、めんつゆで割って沸かすだけの簡単なものです。

玉ねぎ1個で1週間分くらいまとめて作って冷蔵庫に保管してます。

それをレンジでチンするだけです。

お好みで刻み昆布なんかを入れると和風感がさらに高まって美味しいですし、健康にもいいそうです。

玉ねぎはイオンの火曜市で1個19円で買うのが安いです。

4 夕食のメニューはルーティン化する

毎回夕食の献立を考えて、

それに合わせて食材を買うとコストがかなり上がります。

それよりは、何種類か決まったものをルーティンで回していく方がコストを下げることができます。

この食材を使って自分なりに何種類かレパートリーを持っておくといいかもしれません。

毎日何食べるか考えるのが面倒な人には特にオススメですね。

ここではオススメの安い食材をいくつかご紹介します。

といっても大体皆さんが想像されているものだと思いますので箇条書きで見やすくします。

1 もやし(一袋2、30円)

2 豆腐(1個 3、40円)

3 納豆(3パック5、60円)

4 卵(10個で120円から200円)

5 しめじ、エリンギ(80円から100円)

6 鶏肉(100g50円ほど)

7 キャベツ(1個150円から250円)

8 玉ねぎ(イオンの火曜市で1個19円)

9 カレーのルー(1パック100円程度)

10   ビーフシチューなどのルー(100円程度)

11    揚げるだけのお弁当冷凍アジフライ

  (500g 265円)

12   キムチ(400g 130円程度)

この中から、選んで買い物をしていけば、予算内に収めやすくなるのではないかと思います。

あと細かいことですが、調味料の種類は減らして必要最低限にするのもいいと思います。

オススメは味塩こしょうです。

腐らないですし、ちょっとかけるだけで味もしっかりつきますし、何より安いです。

5 実際の1ヶ月の買い物のモデルケース

じゃあ実際に何をどれくらい買えばいいのという疑問も出てくると思いますので、

モデルケースとしてどういったものをどれくらいの頻度で買うのかご紹介していきたいと思います。

品目 金額 回数
お米 3000円 1回 3000円 
味のり 258円 2回 516円
ゆかり 275円 1回 275円
コーヒー 268円 1回 268円
食パン 74円 4回 296円
ジャム 348円 2回 696円
玉ねぎ 19円 8回 152円
もやし  30円 4回 120円
豆腐 40円 4回 160円
納豆  60円 4回 240円
200円 3回 600円
きのこ 100円 4回 400円
鶏肉  400円 2回 800円
キャベツ 250円 2回 500円
カレーのルー 100円 2回 200円
キムチ 130円 1回 130円

ここに挙げたものでざっくりですが8500円程度になります。(税抜です。)

ここから必要に応じて、調味料や追加したい食材やいらない食材などをやりくりすれば、実現しやすいのではないかと思います。

さらに最安値のもの(特にお米)をきちんと買うことができれば、ここからさらに1000円以上コストを下げることも可能だと思います。

男の一人暮らしの食費を節約する買い物術 まとめ

今回の記事では、実際に何をどれくらい買うのかという目安を分かっていただけたのではないでしょうか。

ここで書いているものはあくまで一例ですので、

地域によってはこの食材が安いとかいろいろあると思いますが、

大切なのは予算を立てるということです。

月にいくらとか、週でいくらなど、

決めないで無計画に買い物をしてしまうのが節約においてはリスクになります。

また数字としてみて、達成できれば次も頑張ろうとモチベーションアップにもつながりますしね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました