派遣社員の男女比率ってどれくらい?業種別や職種別でも比較したよ

スポンサーリンク

派遣社員の男女の比率ってどれくらいなの?

それぞれどんな業種や職種が多いのかも知りたい。

こういった疑問にお答えします。

派遣社員といえば、女性が多いイメージがありますよね。

ドラマとかでも取り上げられるのは、女性の派遣さんだったりしますしね。

では、実際にどれくらいの割合なのか気になる方も多いと思ったので、

調べてみました。

わりと意外な結果でした。

それでは書いていきます。

スポンサーリンク

派遣社員の男女比率ってどれくらい?業種別や職種別でも比較したよ

まずは、男女の比率からです。

派遣社員の男女比率

厚生労働省が出した「平成 29 年派遣労働者実態調査の概況」によると、

男性 49.5%

女性 50.5%

です。

参照元:平成 29 年派遣労働者実態調査の概況 – 厚生労働省

ちなみに表にある3.2は、労働者全体における、派遣労働者の割合です。

派遣社員といえば、女性の比率が多そうですが、意外にも半々くらいというのが現状のようですね。

年齢別で見てみると、

です。

ここも意外ですが、40歳から44歳の割合が男女ともに一番高いのが分かります。

そして、40歳以上の方が全体の半数以上を占めているのも意外でしたね。

派遣社員の業種別比率

次は業種別の比率です。

全体の割合でいうと、

1位:製造業    (男:41%、女:26%)

2位:卸売業、小売業(男:11%、女:16%)

3位:情報通信業  (男:14%、女:7%)

です。

製造業の会社で働いている派遣社員の方がかなり多いことが分かりますね。

派遣社員の職種別の比率

職種別の比率は、2つのデータを比較します。

というのも、厚生労働省のデータと、日本人材派遣協会のデータが結構違うんですよね。

協会の方は、男女の比率からしてもかなり違うんですけどね。

厚生労働省のデータ

ややこしいですが、このデータは、複数回答可になっているので、全部足すと100%超えてます。

事業所ごとに派遣社員の方がやっている仕事はどういった業種ですか?というデータなので、厳密に言うと、派遣の人数ベースの職種の割合ではないということです。

日本人材派遣協会のデータ

参照元:日本人材派遣協会

このデータだと分かりやすいですね。

女性は圧倒的に事務職が多い(45%)

ということが分かります。

およそ半数ですね。

そして男性の方は、製造業が37%ですね。

運搬、清掃、包装等の業種を含めると、

全体の50%ほどになることが分かります。

派遣社員の男女比率ってどれくらい?業種別や職種別でも比較したよ まとめ

まとめると、

  • 派遣社員の男女比は、意外と同じくらい
  • 業種は、製造業が多い
  • 職種は、事務が多い

ということになります。

結果から、

男性は、製造業や運搬、清掃、包装等の仕事が多く

女性は、事務系の仕事が大半

という分け方ができるようです。

ちなみに都市別の派遣社員の賃金データがあったので、のせておきます。

ゴチャっとしてますが、

ここで何が言いたいかというと、

「製造業では、愛知県の賃金が全国平均に比べてかなり高く労働者も圧倒的に多い。」

ということです。

なので、派遣の製造業で仕事を探すなら、

愛知県だと仕事が多く、給料が高くなりやすい

ということになります。

ちょっとした情報ですが参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました