自分で考えて動く部下の育て方 人を動かす魔法のメソッド4つのルールとは?

スポンサーリンク

部下が指示待ちでなかなか自分で考えてくれない。

自分で考えて動く部下の育て方ってある?

こんな疑問にお答えします。

部下がなかなか育ってくれない

相手が自主的に動いてくれない

スタッフに積極性がない

人に指示をする立場の方なら、こんな悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?

人を育てるのは簡単なことではないですが、やり方の一つとして、

に書いてあった方法をご紹介します。

本書には、人を動かす方法や、人間関係を良くする考え方などが書かれています。

その中に、

「どんな相手に対しても神対応できる、人を動かす魔法のルール4つ」

という魅力的なフレーズがあったので、この記事では、これを取り上げていきます。

この記事を読むことで、部下が自分で考えて動くなるようになり、しかも、部下からの信頼も得られるようになる方法が分かります。

スポンサーリンク

自分で考えて動く部下の育て方 人を動かす魔法のメソッド4つのルールとは?

結論

4つのルールとは、

  • 否定をしない
  • 気づかせる
  • 答えを言わない
  • 正さない

です。

理由

理由は、

部下の自尊心を傷つけることなく、

成長への意欲を持たせられるから

です。

解説していきます。

自分で気付くということ

部下が自分で考えて動くようになるには、

「自分で気づいて行動している。」

という感覚を持ってもらうことが必要です。

指示されたことをただやるのではなく、自分のやるべきことを自分で決めて、動き始めることを繰り返すことで、自分で考えて行動できるようになります。

そのための第一歩が、「気づく」ことになります。

やる気が出るのは?

相手に言われたことをやるよりも、自分で考えたやり方を認めてもらう方が、

「よし、やってやろう。」

という気になりませんか?

なぜなら、自分の考えが相手に賛同されたと感じ、自尊心が高まるからです。

本書では、自己重要感と書かれています。

要するに、自分を認めてもらったという気持ちですね。

これがあれば、部下のやる気が上がるというわけですね。

否定は絶対にしてはいけない

この際に気をつけるのは、

否定をしない

ということです。

それが例え部下のミスであっても、注意深く否定にならないように、自分で気づいてもらうように仕向けていきます。

気づいた時にも、

「注意してね。」

ではなく、

「気づいてくれてありがとう」

と接すれば、部下のあなたに対する安心感や信頼感はより高まるはずです。

特に、

「助かった」

はあなたの懐の深さを感じてもらうマジックフレーズになりますので、ぜひ活用してみましょう。

答えを教えまくれば、指示待ち人間が量産される

仕事ができる上司は、

「部下に的確な指示をする。」

というイメージですが、指示をする、つまり答えを教えすぎると、人間は自分で考えなくなり、指示待ち人間になります。

なので、もしあなたが、

「指示がないと動いてくれない。」

と感じているなら、我慢強く部下が自分で答えを見つけたと感じるまで誘導してあげます。

ヒントを与えつつも、答えは自分で見つけさせることで、徐々に自分で考えるようになっていきます。

正さない

これは部下が見当違いなことを言ってきたときのルールです。

ため息をつきたくなるくらいに全然わかってくれない状況でも、グッと堪えてあくまでヒントを出すことに徹します。

気づいてくれなくても粘り強くです。

ここで、正すことをすると、相手にとっては、少なからず否定された思いを抱き、今までの苦労がダメになってしまいます。

なので、最後まで「正さない」で気づかせるべきです。

自分で考えて動く部下の育て方 人を動かす魔法のメソッド4つのルールとは?まとめ

人を育てるというのは、簡単ではありませんね。

中には優秀な人がいて、何も言わなくても自分で考えながら行動できる人もいます。

ですが、基本的に部下は選べない方が多いと思います。

そして、自分の元に優秀な部下がつくことは稀なはずです。

とするならば、今いる部下たちに優秀になってもらうしかありませんよね。

そのためには、やはり努力と苦労が必要になるのだということですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ちなみに本書は現在、Kindle Unlimitedで

無料で読むことが可能です。(2020年2月現在)

1ヶ月無料体験をまだ試していない方は、

この機会に是非一度試してみてください。

控えめにいって人生が変わります。

私ももう3年以上使っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました