人が動く要因とは?2つの要因の使い分けで人を思い通りに動かす方法

スポンサーリンク

人が動く要因って何?

人を動かすための要因について知りたい。

こんな疑問にお答えしていきます。

心理学者のジークムント・フロイトは、

「人間の心が優先する要素は2つしかない」

と提唱しています。

つまり、この2つの要素を理解することで、

あなたの周りの人たちをうまく動かすことができます。

参考にさせていただいたのは、

です。

本書では、人を動かす方法などについて書かれています。

この記事を読むことで、人が行動する原理が分かり、あなたの周りの人たちにうまく動いてもらえる方法が分かります。

スポンサーリンク

人が動く要因とは?2つの要因の使い分けで人を思い通りに動かす方法

結論

人が動く2つの要因とは、

快を得るために動く

痛みを避けるために動く

です。

理由

理由は、

人間の本能だから

です。

解説していきます。

快を得るために動く

快を得るために動くとは、欲求を満たすために行動することです。

人間の欲望にはさまざまなものがありますが、人間が行動するための根本の一つがこれです。

自分の欲望を満たすというと、快楽を求めるイメージが先行してしまいそうですね。

それだけではなく、安心していたい、大切にされたいなどの安らぎを求める心理も含まれています。

痛みを避けるために動く

直接的な身体的痛みだけではなく、心理的な苦痛なども含まれます。

要するに嫌な思いをしたくないという心理ですね。

2つの要因の使い分け方法

快を得るためのパワーは

継続性

に優れています。

何か持続的に動いて欲しい場合には、快をもとにしたアクションが有効だということです。

具体的には、褒めたり、ご褒美があったりなどですね。

一方、痛みを避けるためのパワーは

瞬間的な行動を起こす

ときに有効です。

何かを始めるときに大きな力が必要になる時などは、痛みを避けるための理由を伝えると効果的だということですね。

具体的には、動いてくれないと、嫌な思いをしたり、不利になることを伝えるなどですね。

つまり使い分けとしては、

痛みは即断、即行動を促すときに使い、

快楽は継続して行動するために使う

ということですね。

痛みだけでは人は疲弊する

痛みを与えるばっかりで人を動かそうとすると、人は疲弊します。

動き出しの際に少し痛みを意識させる程度にして、基本的には快を得るための行動を意識させるようにするべきでしょう。

痛みを与えるだけで人を動かそうとしてしまうと、人望も信頼も得ることはできません。

痛みを避ける、つまり痛みを与える人を避けるようになるから、人は離れていきますよね。

逆に、人に快楽(安心感)を与えられる人は、人望も信頼も得やすくなるということです。

人が動く要因とは?2つの要因の使い分けで人を思い通りに動かす方法 まとめ

2つの要因を意識して使うことで、周りの人たちをうまく動かすための効果的な方法がわかるようになるはずです。

「これは継続して欲しいから、褒めていこう。」

「なかなか動いてくれないから、動かなければ少し不利になるイメージを持ってもらおう。」

などですかね。

こういった使い分けをうまくできるようになれば、周りの人をうまく動かせるだけではなく、人望や信頼も得られるようになるでしょうね。

最後までお読みいただきありがとうございます。


ちなみに本書は現在、Kindle Unlimitedで

無料で読むことが可能です。(2020年2月現在)

1ヶ月無料体験をまだ試していない方は、

この機会に是非一度試してみてください。

控えめにいって人生が変わります。

私ももう3年以上使っています。


コメント

タイトルとURLをコピーしました