安心感を与える方法 人の心を動かすには安心感が大切です。

スポンサーリンク

自分の思いを伝えるには

まず相手を安心させることが大切だけど、

安心感ってどうすれば与えられるのかな?

こういった疑問にお答えしていきます。

今回ご紹介する内容は、

に書かれていた、

人を動かすために必要な安心感の与え方です。

「この人といると安心できる。」

と思ってもらえれば、自然と相手もこちらの伝えたいことを理解してもらいやすくなるでしょう。

そのために、安心できると思ってもらえる方法をご紹介していきます。

この方法を実践することで、相手に安心してもらえて、コミュニケーションがより円滑にできるようになります。

スポンサーリンク

安心感を与える方法

結論

結論は、

絶対に否定をせずにまずは話を最後まで聞く

です。

理由

理由は、

人は否定されることが怖くて、傷つきたくないから

です。

解説していきます。

人間の脳が重要だと認識するもの

人間の脳が最も重要だとしていることは、

「死なないこと」

です。

つまり生存することを重要だと考えているため、安全で死なない状態、要するに安心できる状態を本能として求めているということです。

現代における安心感

かつて、石器時代などでは、外敵に襲われるか分からない状況だったので、死なないことを最優先事項として考えるのは当然です。

しかし、現代ではそういった敵がいる状況はほとんどありません。

そんな時代での安心とは、安全に生存できるというよりも、精神的な安心感が求められます。

つまり、心の安心感です。

安心感を与えるには?

では具体的に安心感を与えるためにはどうすればいいのでしょうか?

繰り返しになりますが、

絶対に否定をせずに話を最後まで聞く

です。

確かに自分の意見が否定されずに、話を最後まで聞いてくれる人を想像すると、安心できるなと感じますよね。

自分の意見が否定されると?

人には色々な意見があって当然ですし、議論すべき場では、相手の意見を真っ向から否定する場面も出てくるでしょう。

ですが、今回のように、人に安心感を与えて、自分の話を聞き入れてもらうためには、相手を怖がらせたり、傷つけないようにするのが大切です。

また、少しでも否定してしまったりすると、そういった記憶は脳に残りやすいため、今後は相談やアドバイスを求めたりして来なくなる可能性が高まります。

否定しない人と思われると?

周りがあなたのことを「どんな話も否定しない人」と認識されると、どうなるでしょうか?

まずは、あなたに話を聞いてもらおうと思うはずです。

なぜなら、これってどうなのかなと思うような話も否定されないので傷つかなくて済むからです。

すると、あなたのもとには人と情報が集まることになり、あらゆる面でうまくいく可能性が高まるでしょう。

否定しないのは意見を受け入れるわけではない

ただし、絶対に否定しないのは、相手の意見を全て受け入れるというわけではありません。

自分の意見を持ちながらも、相手はこう考えているのだと受け止めるということです。

つまり、「受け入れる」のではなく「受け止める」です。

受け止めることで、相手の意見が自分の意見と違っていても、全ての話を聞いた上でのあなたの意見なら、聞き入れてもらいやすくなります。

安心感を与える方法 人の心を動かすには安心感が大切です。まとめ

まずは自分のことを「安心して話してもいい人」と認めてもらうことが大切だということですね。

認めてもらえれば、こちら側の意見も伝えやすいですし、相手に受け入れてもらえる可能性も高まります。

そもそも頭ごなしに否定したりする人なんかは、嫌われちゃいますし、相談しようとも思わないですよね。

きちんと話を聞くことがコミュニケーションにおいていかに大事で、強力な武器になるかということが分かりますよね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ちなみに本書は現在、Kindle Unlimitedで

無料で読むことが可能です。(2020年2月現在)

1ヶ月無料体験をまだ試していない方は、

この機会に是非一度試してみてください。

控えめにいって人生が変わります。

私ももう3年以上使っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました