ホリエモンの語る人生最高の奥義とは ハッタリの流儀に学ぶ

スポンサーリンク

堀江さんの著書「ハッタリの流儀」

の中で、

堀江さんの思う人生最高の奥義について書かれていたのでご紹介します。

これを習得すると、あらゆる場面で大きな成果をもたらしてくれるのだそうです。

「そんなの堀江さんだからできるのでしょう。」

「私たちにはそんなの難しいのでは?」

こう考える方も多いと思います。

私もそうです。

ですが、堀江さんがまだ有名になる以前、一人の学生だった頃に大きく飛躍するきっかけとなったのが、この奥義だったのだそうです。

堀江さんが学生時代、一人のアルバイトから起業するきっかけともなり、大切な局面で人生を大きく前進させた奥義とは?

スポンサーリンク

ホリエモンの語る人生最高の奥義とは ハッタリの流儀に学ぶ

結論

人生最高の奥義とは

ハッタリをかましてその後で辻褄を合わせること

です。

ハッタリの大切さについて書かれた本なので、もちろんハッタリをかますのは前提です。(笑)

理由

理由は、

今出来ないことを出来るようにするための高い原動力となるから

です。

説明していきます。

まずは自分にハッタリをかます

自分にハッタリをかますとは

「やったことはないけれど自分だったらできるはず」

だと自分を信じることです。

根拠のない自信を持てということですね。

あらゆることがそうですが、最初からうまくできることなんてほぼありません。

「出来なかったらどうするの?」

「自分にはそんなにうまくできない。」

と不安を感じてやらないよりは、無謀だと思ってもまずはやり始めないとできるかどうかなんて分かりません。

なので、やりたいと思ったことがあれば、

「自分ならできる」

と根拠なくまずは思い込むことが第一歩だということです。

ハッタリは「覚悟」という名の「信用」

本書では、

「ハッタリとは、相手に大きな驚きを与えて気持ちを引きつけるのと同時に、信用を得るためのツールである。」

と書かれています。

どういうことかというと、

信用とは他の人があなたをどう評価するかということですので、不確実で主観的なものです。

なので、相手に信用してもらうためには、自分の価値を積極的にアピールする必要があります。

できるかどうか分からない案件を正直に

「できるかどうか分かりませんので、検討します。」

とするのではなく、

「できます。」

と言い切るのだそうです。

そんなのかなり危なっかしいし、できなければ信用どころの話ではないですよね。

でも、いつもあやふやな返答をする人よりも、

元気よく「できます。」といってやりきる人の方が、またお願いしようと思うのではないでしょうか。

自分に保険をかけるやり方ではなく、多少リスクをとっても、覚悟を持って断言し、辻褄を合わせるために必死に取り組む。

こういった人に信用が集まるということですね。

辻褄を合わせるために

ハッタリをかました後、辻褄を合わせるためには、

「やりながら学び、パクリまくる」

のがオススメなのだそうです。

まずはやってみて問題点や分からないことを見つけます。

そして、分からないことは一つ一つ調べて乗り越えていき、やりながら学んでいくということです。

やり方はパクります。

現代は、インターネットで検索すれば、ほとんどのノウハウを調べることができます。

最近は情報を公開すればするほど、公開した人にも情報が集まるようになってきているので、出し惜しみもされなくなってきています。

堀江さん曰く、

「人類史上初、成功ノウハウがただ同然で手に入る時代」

なのだそうです。

ノウハウ自体の価値は下がり、あとはやるかやらないかだけで、行動する人が最高に得する時代ということです。

なので、「この人、いいな」と思ったら、どんどん真似するべきなのですね。

ホリエモンの語る人生最高の奥義とは ハッタリの流儀に学ぶ まとめ

今できないことをやれると言い切って挑戦していく。

この積み重ねが今の堀江さんの成功の秘訣なのですね。

堀江さんですら、すべてを実現できているわけではないのに、私なんかがいきなりうまくいくわけはないですよね。

ですが、そこで何もしないのではなく、まずは自分にハッタリをかまして、やりたいことをまずできると信じてやることが大切だと改めて感じます。

なんだかんだ言っても堀江さんの本を読むとモチベーションが上がりますよね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ちなみに、2020年1月現在、本書はAmazonの電子書籍読み放題サービス「Kindle unlimited」にリストアップされています。

無料体験を使えば、今なら無料で読むことができます。

リストの更新頻度は高めなので、リストから消える前に読んでみることをオススメします。

無料体験に申し込む↓



コメント

タイトルとURLをコピーしました