紹介予定派遣とは?派遣から正社員になるその仕組みとは?

スポンサーリンク

紹介予定派遣って何?

派遣から正社員になれるそうだけどどういうこと?

こういった疑問にお答えしていきます。

  • 本当に自分にあっている仕事かどうか見極めてから正社員になりたい。
  • 会社の雰囲気や実際の仕事はどういったものなのかが分かってから正社員になりたい。

こういった方は、紹介予定派遣を利用してみるのも一つの考え方です。

では紹介予定派遣とは実際にどういったものなのか?

解説していきます。

スポンサーリンク

紹介予定派遣とは?派遣から正社員になるその仕組みとは?

紹介予定派遣とは、簡単に言うと

最初は派遣で仕事をして、本人と会社がOKなら正社員になる。

という制度です。

ポイントは3つあって

  • 会社側は書類選考や面接ができる
  • 期間は最長で6ヶ月
  • 本採用までは派遣会社が間に入って調整などを行う

です。

会社側は書類選考や面接ができる

当然ですが、会社側としては将来は正社員として働いてもらう予定なので、選考は通常の派遣に比べて厳しくなる傾向があります。

ただ、通常の正社員採用に比べるとハードルは低くなりやすいですし、派遣会社を通しての選考なので、もちろん派遣会社からのサポートもあります。

なので、通常の正社員の選考よりは受かりやすいはずですね。

期間は最長で6ヶ月

紹介予定派遣として、派遣社員のまま働ける期間は最長で6ヶ月と決められています。

ある程度の期限がないと、派遣のままずっと働いてしまったりして、紹介予定派遣制度の意味がなくなってしまいますからね。

ちなみに会社によっては、これより短い期間での契約となる場合も多いようです。

3ヶ月での契約などが一般的なようです。

本採用までは派遣会社が間に入って調整などを行う

紹介予定派遣では、まず派遣社員として会社で働くので、入社時や入社してから正社員になるまでの期間は派遣会社のサポートが受けられます。

新しい会社に入る時の様々な悩みなどを派遣会社のスタッフに相談できるのは、ありがたいですよね。

紹介予定派遣とは?派遣から正社員になるその仕組みとは?まとめ

通常の派遣でも、正社員になれる仕組みがある会社もあります。

しかし、紹介予定派遣では、

正社員になることが前提

になっています。

なので、通常の派遣よりも選考のハードルは高めです。

しかし、お互いのことがある程度分かった上で、お互いが納得して正社員として働けるので、

  • こんなはずじゃなかった
  • 思っていたのと違う

という新入社員にあるあるの悩みは、起きにくいでしょう。

もし、このような悩みがよく起こってしまう人には、うってつけの制度ですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました