大富豪からの手紙 本田健著 を読んで感じたこと レビュー 感想

スポンサーリンク

今回は「ユダヤ人大富豪の教え」などの本を多数出されている本田健さんの本です。

本書はユダヤ人大富豪の教えと同じようにストーリー形式となっています。

大富豪を祖父にもつ主人公が、祖父の残した手紙に導かれて人生の大切なものを学んでいくという物語です。

このような方にオススメ

・人生の秘密を知りたい人

・幸せとは何かについて考えたい人

・新しい何かを始めるための勇気が欲しい人

結構大それたことを書いていますが、それくらい影響を受ける人が多いと本ではないかと思っています。

しかも、分かりやすい言葉と、親しみのある表現で、あまり本を読む習慣のない人でも、次が気になって読み進めてしまうと思います。

そんな本書から、私が気になったところを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

大富豪からの手紙 本田健著 を読んで感じたこと

大富豪

人生のすべてを変えることはできない。だが進む方向は一瞬で変えられる。

決断することで未来が動き出すということのたとえとして出てきた言葉です。

何かを決めるということはそれに向けて自分の意識が向くということです。

なので、自分の意識がそちらに向かないと、その決めた未来はやってこないということですね。

決めたから必ず実現するわけではないですが、決めなければ何も始まらないので、まず決めるだけで、自分が向かおうとする方向をすぐに変えられるということです。

すぐに結果は出ないが、結果に向けた努力はすぐに始められるということですね。

成功のためには失敗は必要で、失敗のない成功は危険だ

行動を起こせば、失敗はつきものです。

それはことの大きい小さいに関わらず起こりますが、失敗したときは誰でも悩みます。

ですが、失敗しても悩みながら行動をすることが大切だということです。

この言葉は勇気づけられますよね。

当たり前ですけど全部がうまくいくわけはないです。

なので、失敗を通過点と捉え、うまくいくにはどうすればいいかと行動し続けることで成功を成し遂げられるということですね。

今の世界はただ頑張るだけではお金持ちになれないようになっている

給料は世間の相場で決められていて、普通の生活ができる程度にしかもらえないので、

普通に生活したらほとんど残らないようになっており、

収入が増えたら増えたで、よりクォリティの高いものを求めるようになるため

その分支出が増えるサイクルにハマるようになっているということです。

では、どうすればいいのでしょうか。

それはお金と向き合うということです。

ではどうすればいいかというと、誰かを幸せにすることを考えて行動し、そうすることで、自分の器を大きくしていくことで、お金から自由になるのだそうです。

幸せは獲得したりつかみ取るものではなく感じるもの

人はお金や社会的地位では幸せになれないということです。

では幸せのカギとは何か?

それは良い人間関係だということです。

そして良い人間関係を築く上で一番大切なものは、内面的に満たされている人になるということです。

そして内面を満たすためには、まず与える人になるのが第一歩だということです。

大富豪からの手紙 本田健著 を読んで感じたこと まとめ

喜び3

今回取り上げたところは私が気になったところですが、やはり本書を読んでストーリーの中で段階的に理解していく方がいいですね。

気になったところを抜粋しても、流れの中ではないので、読む人にとっては分かりにくいところもあったかもしれません。

気になった方は、ぜひ本書を読んでみてください。

「何か明日から始めたい」という気持ちにさせられますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました