好きとネットを接続するとあなたにお金が降ってくる 立花岳志著を読んで

スポンサーリンク

気になるタイトルですよね。

本書は、プロフェッショナルブロガーの立花岳志さんがブログを通じて情報発信を始めることで、事業化できることを一般の方にお伝えする本ですね。

このような方にお勧めです。

・副業で何か始めようと思っている人

・好きなことでお金を稼ぎたいと思っている人

・ブログをやってみようと思っている人

好きなことを文章にして情報発信を続けていれば、お金持ちになることができ、それができれば会社をやめて自由な生活ができるようになるのでオススメですよという内容です。

情報発信のメリット、ブログを続けるために習慣化する方法から、自分ブランドを確立するための考え方や方法などが書かれています。

この中でも、ブログを書き続けている私が、取り入れたい考え方や、気になったところを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

好きとネットを接続するとあなたにお金が降ってくる 立花岳志著を読んで取り入れたいこと 気になったところ

「好き」を書いているとどんどん詳しく、得意になっていく

毎日ブログの記事にして書いていくことは自分の好きなこと興味のあることを書きたいですよね。

本書では、それを繰り返していきことで、そのことがどんどん得意になっていくと書かれています。

毎日記事にして読者を想定して書くということは、自分の持っている知識などを読者にわかりやすく伝えるというのはもちろん、その分野の知識を得るための情報収集も大切です。

それが自分の好きなことであれば、楽しみながらできるので、結果的に続けていくことができるということですよね。

そして続けることができれば、どんどん得意になり、やがてそれが強みになり、情報の価値が高まっていくことになり、その価値を提供することで収益となることを目指すというのが本書のスタンスです。

最終的には、強みを発信することで、人と情報とお金と感謝が集まってくるようになるということです。

そうそううまくはいくとは思いませんが、ここまで読んだだけでも、ワクワクしますよね。

だって好きなことを価値にして書き続けるだけで、感謝されながらお金も得られるようになるということですからね。

これはもうやるしかないと思っちゃいますよね。

情報発信を続けるための何より大事な鉄則

好きなことと言われても損得勘定で決めてしまってはダメで、他人に羨ましがられたいなどの社会的欲求を満たすためのことでは、長続きしにくいということです。

わけもなくワクワクすることや、なんか楽しそう、時間を忘れて没頭するというようなことを書いていくのが長続きするコツになるということですね。

そして面白い表現だと感じたのは、「ブログは筋トレ」という言葉です。

どういうことかというと、ブログに限らず文章を書くということは頭の中にあるモヤモヤしたものを文字として変換する作業は、神経経路を使い、続けることでその神経経路はどんどん鍛えられるという考え方です。

そのためには、書き続けることが大切で、そのために筆者は、「量より質より更新頻度」を提唱しています。

ブログ界隈では、まずは質より量とか、量を求めるより質が大事などの情報が溢れていますが、筆者は質と量を犠牲にしても更新頻度を守ることが大切だという考え方です。

先ほどの筋トレという表現からも、更新頻度を守ることが文章を書く質と量にとって何よりも重要だということです。

絶対続けられるレベルでなるべく負荷を減らすことで、何がなんでも更新頻度を死守し、習慣として組み込まれることにより、時間はかかるかもしれないが自然と能力が開花し、文章の量と質もそれに伴い向上するというスタンスですね。

情報発信とは人生の目的を問うことだ

人生の目的と言われてしまうと何か大それたことをイメージしてしまいますよね。

筆者は、自分の好きを発信することは自分の軸を作る作業であり、それは自分は何者かという問いに対する答えを模索する作業であると書かれています。

自分の好きなことや自分が価値を見出したものを自覚し続けることで、自分の考え方や基準がわかるようになり、自分はどういった人間かということが客観視されるということでしょうね。

自分の気持ちを文章にすることには、かっこいい言葉で言うと自己の探究という側面もあるのかもしれません。

そういった道のりがブログから感じられるようになれば、読者にも共感が得られる内容になってくるのでしょうね。

好きとネットを接続するとあなたにお金が降ってくる 立花岳志著を読んで取り入れたいこと 気になったところ

本書ではマネタイズの具体的方法論ではなく、情報発信の本質的な意義なんかが理解できる内容となっています。

目先のお金に囚われるのではなく、長期的に継続することで、自分をブランディングしていくことの大切さなんかが学べる本ですね。

まあ何よりもまずは書き続けることが重要であり、質と量は後からついてくるという言葉を頼りに、質も量も伴っていない私の文章が、書き続けることでどうレベルアップしていくのか、私自身も楽しみにしながら続けていきたいですね。

(こんな甘い考え方では知れてるでしょうけど(笑))

コメント

タイトルとURLをコピーしました