【現役が語る】工場派遣の残業は実際どれくらい?稼げているの?

スポンサーリンク

工場派遣で働くと残業は実際どれくらいなの?

残業でどれくらい稼げているの?

実際に働いている人の生の声が聞きたい。

こういった要望にお答えします。

今回は、いま工場派遣で働いている私が、

  • 実際にどれくらい残業して、
  • 残業によってどれくらい稼げているのか

を書いていきます。

もちろん、勤務する工場によって残業のありなしも違いますし、時給も変わってきます。

その中でも、

「これくらい残業ってあるんだ。」

「これくらい残業したらこれくらい稼げるんだ。」

という一つの参考にはなると思います。

スポンサーリンク

【現役が語る】工場派遣の残業は実際どれくらい?稼げているの?

まずは残業に関しての法律はどうなっているのか、簡単にご紹介しておきます。

工場派遣の残業 法律的には?

じつは、2019年4月から時間外労働の上限規制が定められた法律が施行されました。

これは時間外労働、つまり残業などの上限が決められて、超えると法的に罰せられるというものです。

法律による上限は、原則として

  • 月45時間以内
  • 年間360時間以内

です。

しかし、臨時的な特別な事情があって、労使協定などの特別な届出をすれば、例外が認められます。

例外での規定は、

  • 年間720時間以内
  • 複数月平均80時間以内(休日労働含む)
  • 月100時間未満(休日労働含む)
  • 月45時間を超えれるのは年に6回まで(休日労働含む)

です。

大きな工場などだと、だいたいこの届出をしますが、それでも最高で月100時間未満までしか残業できないということです。

まぁ100時間もするところなんてほとんどありませんが。

基本は、年に6回以上は45時間以内におさえないといけないので、それ以上になることは、あまりありません。

工場派遣では、よほどの小さな工場などではない限り、労基関係はある程度管理されています。

また、派遣社員なら特に派遣会社と派遣先の契約もありますので、法令違反などの無茶なことをさせることはほとんどないと考えてもいいでしょう。

工場派遣の実際の残業時間の一例 私の場合

まず最初に結論を書いておくと私の実際の残業時間は、

平均40時間前後

です。

少ないときは、20時間ほどですし、

多い時でも、60時間を超えるくらいです。

60時間超えると、

「今月はよく残業したなー。」

という感じです。

ちなみにこの60時間には休日出勤の時間も含まれています。

なので、休日出勤が2日合ったとして、それ以外に20日勤務したとしても、

平均2時間ちょっと

ということになりますね。

じつはこれでも、工場内では多い方の部署なのだそうです。

残業でいくらくらい違うの?

みなさん気になるお給料の件ですが、まずはぶっちゃけると、私の時給は1700円です。

これは、多分まあまあもらっている方だと思います。

恐縮ですが、これをもとに計算してみます。

残業時は時給の25%の手当があるので、

1700円 +(1700円×25%)=2125円です。

例えば、残業が20時間の場合、

単純計算だと、

2125円×20時間=42500円です。

これが、残業60時間になると、

2125円×60時間=127500円です。

まぁざっと8万円くらいの差は出てくるということですね。

単純計算なので、深夜手当や休日出勤の割増金も含めると、さらに差は出てきますね。

結論として残業がないと稼ぎにくい

なので結論としては、

工場派遣だと残業がないと稼ぎにくい

ということです。

もちろん、そんなに稼がなくてもいいよという方は別として、

稼ぎたいと考えている人は、ある程度残業が期待できるところを探す方が、

効率よく稼げる近道となります。

【現役が語る】工場派遣の残業は実際どれくらい?稼げているの?まとめ

まとめると

  • 工場派遣の残業は多いほうで40時間前後
  • 多い時は残業代だけで12万ほど稼げる

ということのなります。

工場派遣では、出勤日数もそうですが、残業時間もお給料の多い少ないをかなり左右するものだということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

なので、稼ぎたいなら時給が高くて、残業の多そうなところを探すのがオススメですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました