同一労働同一賃金でアルバイトに賞与は出る?【判例あります】

スポンサーリンク

同一労働同一賃金でアルバイトにも賞与が出るようになるって聞いたけど本当なの?

アルバイトでもボーナスがもらえるかどうか知りたい。

こういった疑問にお答えします。

2020年4月から施行される同一労働同一賃金。

同じ仕事をしていたら、同じ待遇(お給料や福利厚生)にしてくださいね。

というものですが、

それなら、アルバイトでも同じ仕事をしていたら、正社員のように賞与ももらえるのか?

について書いていきます。

実は、2019年2月に裁判でアルバイトに賞与を支払いなさいという判決が出た裁判があります。

その判例のポイントを踏まえて、アルバイトでも賞与が出る条件みたいなものについて考えていきます。

同一労働同一賃金が施行される前の判例なので、施行後はさらにアルバイト側に有利になる可能性もあります。

この記事を読むことで、実際にあなたのアルバイト先でも賞与がもらえる可能性があるかどうかが分かります。

スポンサーリンク

同一労働同一賃金でアルバイトに賞与は出る?【判例あります】

まず、今回取り上げる判例は、

学校法人大阪医科薬科大学事件 大阪高裁(平成 31 年2月 15 日判決)

です。

日本経済新聞2019年2月15日の記事

内容は、大阪医科大学の元アルバイトの女性が、正社員らと同じ仕事なのに、

待遇差があるのは違法として訴えを起こしたものです。

結論として、大阪高等裁判所は、

労働契約法20条(不合理な労働条件の禁止)に違反するとして、

賞与の支払いとして109万円の支給を命じました。

参照:労働契約法20条厚生労働省H P

実際にアルバイトの方に賞与を支払いなさいという判決が出ているということですね。

この判例の根拠の中から、アルバイトでも賞与がもらえる条件が見えてきます。

アルバイトでも賞与がもらえる条件

ポイントは3つあります

  • アルバイトでも正社員と同じ時間の勤務
  • 契約社員には賞与が出ている
  • 賞与の計算方法

です。

順番に解説していきます。

アルバイトでも正社員と同じ時間の勤務

今回の女性は、アルバイトという肩書ですが、短時間労働ではなく、正社員と同じ勤務時間の、フルタイム勤務でした。

同一労働同一賃金における同一労働の部分で、

「同じ勤務時間」がまずは必要になると考えられますね。

契約社員には賞与が出ている

今回のケースでは、同じ勤務先の有期雇用契約社員には正社員の8割程度の賞与が支払われていました

同じ有期雇用であるにも関わらず、肩書きが違うだけで賞与が支払われないのはおかしいと考えられたということです。

賞与の計算方法

賞与の計算方法は大きく2つに分けることができます。

業績や個人の評価を考慮する

業績や個人の評価を考慮せず、一律

です。

つまり、その時の会社の業績がよかったり、個人として業績を上げたら、その評価として賞与が上がったり下がったりするかしないかということです。

今回のケースでは、業績や個人の評価は考慮されず、一律で支給されていました

こういった状況だと、

「賞与は、勤務したことに対しての一定の報酬」

と捉えることができます。

賞与は正社員の6割

今回の判例では、

「賞与の額が正社員の6割以下だと不合理である」

ということが判決内容に含まれていました。

同じ勤務の契約社員は8割程度だったことを踏まえての判断ですかね。

しかし、この判決に基づいて、今後も同様のケースだと、

6割が基準になってくる可能性が高いです。

つまり、上記の条件を満たせば、

アルバイトでも6割程度の賞与がもらえる可能性がある

ということですね。

同一労働同一賃金でアルバイトに賞与は出る?【判例あります】まとめ

まとめると、アルバイトでも

  • 正社員と同じ勤務時間(フルタイム勤務)で、
  • 他の有期雇用契約社員はボーナスがもらえてて、
  • ボーナスは業績に応じてではない金額が支給されている

という状況なら、

6割程度もらえる可能性がある

ということです。

。。。

。。。

ハードル高!

ていうか、こんな状況はかなりのレアケースではないでしょうか?

この女性は他にも、給与の格差なんかも不合理ではないかと主張していましたが、認められたのは賞与の部分と一部の休職時の待遇に関する部分だけでした。

しかし、大切なのは、このような判例があるという

「事実」

です。

こういった状況に似通った場合だと、アルバイトから訴えられたら、支払わないといけないかもしれないと企業側も考えます。

今回のように一人ではなく、大企業での集団訴訟なんかが起これば、それこそ会社にとっては大損害ともなります。

これを防ぐためにも、企業側がアルバイトに対して何らかの対応をしてくれる場面も今後は増えてくる可能性がありますからね。

さらに、同一労働同一賃金が施行されることで、その勢いが加速してくれればいいですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました