同一労働同一賃金とは?正社員はどう変わるの?

スポンサーリンク

2020年4月から、同一労働同一賃金制度が施行されると政府が発表しました。

ざっくりいうと正規雇用と非正規雇用との格差をなくしていくのが目的ですが、正規雇用である正社員などの待遇も変わっていくのでしょうか。

何が変わるか知りたい人
何が変わるか知りたい人

正社員は何か変わるの?

変わるとしたらどうなるの?

こういった疑問にお答えしていきます。

スポンサーリンク

同一労働同一賃金とは?正社員はどう変わるの?

会社で働く人のイラスト(男性)

結論

何も変わりません。(企業によりますが)

です。

理由

政府の方針としては、正規雇用と非正規雇用の待遇格差を是正するのが目的となります。なので、一般的には非正規雇用の方々に対し、待遇面を厚くするという方針の企業が大多数だと考えられるため、正規雇用である正社員の待遇はそのままになる可能性が高いと考えられるから

です。

具体的にみていきますね。

何も変わりませんがしかし、、、

結論は何も変わりませんということですが、懸念として考えられるのは、企業側が人件費の高騰を防ぐために、正規雇用側の待遇変更も要求してくる可能性です。

どういうことかというと、非正規雇用の方の待遇を厚くするためには、それなりの人件費の拡大が必要になります。

企業側でそれを賄えればいいですが、もし財源的に厳しいということになると、正規雇用の待遇を少し薄くして財源を確保するという流れになる恐れもありますよね。

そうなってくると、正規雇用の方達の例えば福利厚生の一部が廃止になったり、最悪給与の減額なんかも考えられないことはないということですね。

今回の法改正を利用してコストカットを逆に狙ってくる企業もいるのかもしれません。

今までが優遇されていたと考えるべきか?

この正規雇用と非正規雇用の格差は、諸外国ではあまり取り沙汰されていませんが、なぜかというと日本の福利厚生が充実しているからです。

もちろん海外の企業にも充実しているところはたくさんあると思いますが、日本の古くからの慣習である年功序列や終身雇用、新卒一括採用などとも関連が深いと考えられますね。

それだけ、今までの日本企業が社員に対して手厚い待遇だったということですね。

なので、やはり今までが正社員だからと優遇されすぎていたと考えるべきなのかもしれませんよね。

正社員だから安心という時代は終わっている

これも今では当たり前の価値観になっているのかもしれませんが、最近でも大企業は黒字であるにもかかわらずリストラをしたりと、もはや正社員でこの会社でずっと勤めていくという価値観はこれからどんどん淘汰されていくのでしょうね。

政府もこういった政策で促しているようにも見えますね。

同一労働同一賃金とは?正社員はどう変わるの?まとめ

バスで悩む人

この制度では基本的には正規雇用の方達には影響はないかもしれませんが、今後の時代の波を感じていないと取り残されてしまう危険性はありますよね。

昔のように、国や会社が守ってくれる時代はもう完全に終わりを迎えようとしていますね。

そんな時代になってきていることを把握している人としていない人の差は大きいのではないかと感じますね。

かといって私も何か特別な行動をするわけではありませんけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました