同一労働同一賃金で派遣社員にも退職金は出る?

スポンサーリンク

同一労働同一賃金だと派遣社員にも退職金が出るようになるの?

派遣社員でも退職金が出るかどうか知りたい。

こういった疑問にお答えします。

2020年4月1日から大企業を対象に、

同一労働同一賃金

が始まります。

簡単にいうと、

同じ仕事をしていたら、同じ待遇にしてくださいね。

というものですが、

「退職金はどうなの?」

という疑問もあると思います。

そこで今回は、

派遣社員でも退職金をもらえるのか?

について書いていきます。

スポンサーリンク

同一労働同一賃金で派遣社員にも退職金は出る?

まず結論として、

派遣会社に規定があればもらえるが、正直厳しい。

です。

解説していきます。

そもそも退職金は払わなくていい?

実は、退職金は法律で決められたものではありません。

どういうことかというと、

あくまで企業が自社の就業規則に定めた退職金の規定で支払っているものです。

つまり、

会社に退職金の決まりがないと支払わなくていい

のです。

でも実際には、ほとんどの企業では定められています。

大企業では9割、中小企業でも7割は退職金の規定があります。

「法律的には、支払う義務はないですが、就業規則で決められていて、雇用契約だから払ってくださいね。」

ということです。

派遣の場合だと?

では、派遣会社の場合だとどうなるでしょうか?

それは、

派遣会社に退職金の規定があれば、支払わなければならない

ということになります。

逆に言えば、

退職金の規定がなければ支払わなくていい

ということです。

同一労働同一賃金で何か変わるの?

現段階でも、一部の派遣会社では無期雇用契約の派遣社員の場合に限り、支給されているところもあります。

しかし、規定がない場合だと、法律的に支払う義務がないので、厳しいでしょう。

同一労働同一賃金の対象となる有期雇用契約の場合だと、給料や待遇面での改善はあっても、ボーナスすら難しい状況なので、退職金も厳しいということになるでしょう。

派遣だと退職金ではなく満了金を狙おう

一部の案件には、契約期間ごとに、満了金などの手当を支給してくれる案件もあります。

無理に退職金などを狙うのではなく、最初からこういった手当がある仕事を選ぶのがいいですね。

同一労働同一賃金で派遣社員にも退職金は出る?まとめ

派遣社員だと退職金は厳しいが、満了金などの手当がもらえる仕事もある

ということです。

最後までお読みいただきありがとうございます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました