工場派遣の勤務時間ってどうなの?二交代や三交代は?

スポンサーリンク

工場で働く派遣社員だと、勤務時間ってどんな感じなのかな?

二交代や三交代とかもあるけど、勤務時間の違いはあったりする?

こういった疑問にお答えします。

工場で派遣として働いてみようと思ったら、勤務時間って気になりますよね。

今回は、工場で派遣として働く時の、一般的な勤務時間や勤務体系なんかを説明していきます。

この記事を読むことで、あなたにとってオススメの工場の勤務の形が分かります。

スポンサーリンク

工場派遣の勤務時間ってどうなの?二交代や三交代とは?

まず、派遣と正社員の違いですが、

ほとんどの工場では、正社員と同様の勤務時間で派遣社員も働きます。

あまりそこを分けているところはないようですね。

もちろん管理職や、生産ライン以外の人は別です。

勤務時間は、ほとんどの工場では、終業の定時までは3回休憩を挟みます。

  • 始業(仕事開始)
  • 仕事   2時間
  • 休憩   10分
  • 仕事   2時間
  • 昼食休憩 50分
  • 仕事   2時間
  • 休憩   10分
  • 仕事   2時間
  • 終業(仕事終わり)

です。

工場によっては、

  • 仕事時間が1時間50分だったり、
  • 昼休憩が40分だったり、
  • 終業直前に仕事時間が1時間30分だったり、

など多少の誤差はありますが、ほとんどがこの形です。

なので、実働は8時間(7時間半)程度です。

残業がある場合だと、終業後10分休憩の後に残業スタートという感じですね。

工場派遣の勤務体系は大体3パターン

工場勤務の勤務体系には一般的に

  • 通常勤務
  • 二交代制
  • 三交代制

の3パターンがあります。

通常勤務

通常勤務は、いつも決まった時間から仕事を始める勤務形態です。

ほとんどは朝から夕方までの勤務ですが、中には深夜のみの募集案件など、特殊なものもあります。

具体例

勤務時間 8時〜17時 

など

二交代制

二交代制は、2つの勤務時間帯を、それぞれのチームで分けて、順番に勤務時間を変えて勤務していく体系です。

わかりやすくいうと、昼の勤務と夜の勤務を1週間ごとなどに入れ替りながら仕事していく形です。

具体例

昼勤務  7時〜16時

夜勤務 17時〜深夜2時

など

三交代制

三交代制は、二交代制で2つだった勤務時間帯を3つに分けて順番に入れ替りながら仕事をしていく形です。

具体例 

朝勤務   6時〜14時 

夕方勤務 14時〜22時

夜勤務  22時〜6時 

など

工場派遣の勤務時間は大まかにこのパターンに分けられます。

工場派遣の勤務形態の3つのパターンごとのメリットとデメリット

では、それぞれの勤務形態についてのメリットとデメリットを考えていきます。

通常勤務のメリットとデメリット

メリット 

生活リズムが安定する 

家族や友人と都合が合わせやすい

デメリット 

給料が安い

残業が多くなる場合もある

解説していきます。

通常勤務のメリット

生活リズムが安定する

通常勤務の一番のメリットはこれでしょう。

いつも決まった時間に出社できるということで、生活のリズムは一定になります。

もちろん残業などがあれば、退社の時間は一定というわけにはいきませんが、生活のサイクルは作りやすいですよね。

家族や友人と都合が合わせやすい

特殊な勤務時間でない限りは、日中に仕事をするので、家族や友人などとも時間の都合が合わせやすいです。

交友関係を大切にしたい方にとっては大きなメリットとなるでしょう。

通常勤務のデメリット

給料が安い

これは夜勤がないことが前提の話ですが、深夜手当などがない分、給料が安くなりがちです。

日中のみの勤務だと大きなデメリットとなるでしょう。

残業が多くなる場合もある

これはそんなに大きくない工場などでありがちです。

工場などは、繁忙期などに入って生産が追いつかなくなると、従業員の残業などで取り戻そうとします。

二交代や三交代だとそれぞれの時間帯で残業が分散されますが、他の時間帯に勤務する人がいないと全てをカバーしないといけなくなります。

もちろん工場にもよりますが、残業が多いところはとことん多くなり、労基関係がきちんとしていない中小規模の工場だとわりかし、よくあるようです。

二交代制のメリットとデメリット

メリット

稼ぎやすい 

三交代に比べるとシフトが分かりやすい

デメリット

生活リズムが乱れる 

残業がよくある

解説していきます。

二交代制のメリット

稼ぎやすい

二交代制だと、夜勤もあります。

深夜手当がある分稼ぎやすいのは当然ですが、残業があるところは、そこそこ残業できます。

もちろん工場の状況にもよりますが、三交代制だと、あとで書きますが、あまり残業できない場合が多いので、一番稼ぎやすくなります。

これはかなり大きなメリットですよね。

三交代に比べるとシフトがわかりやすい

ほとんどの二交代制の工場は1週間おきなどで、昼勤務と夜勤務が入れ替ります。

なので、三交代に比べてシフトがわかりやすいです。

勤務時間や休憩時間も2種類なので(昼と夜)間違えることも少ないです。

二交代制のデメリット

生活リズムが乱れる

三交代ほどではないですが、やはり夜勤などもあるので、生活のリズムは崩れやすいです。

きちんと睡眠時間などを確保しないと体調を崩しやすくなります。

健康はやはり大事ですからね。

残業がよくある

二交代制を取り入れている工場だと、結構忙しい時期が多いです。

そういった時期は、やはり残業はそこそこあります。

稼ぎたい人にとっては大きなメリットですが、残業したくない人にとってはデメリットですね。

三交代のメリットとデメリット

メリット 

二交代ほどではないが稼ぎやすい 

拘束時間が短い割に給料が多くなりやすい

デメリット 

二交代よりさらに生活リズムが乱れる 

シフトがややこしい(休憩などの時間が把握しづらい)

解説していきます。

三交代のメリット

二交代ほどではないが稼ぎやすい

三交代だと残業はあまりしないところが多いですが、深夜手当がシフトの関係上、二交代に比べるとつきやすいです。

なので、単純に二交代ほどではないが、稼ぎやすいです。

拘束時間が短い割に給料が多くなりやすい

稼ぎやすいの部分と重なるところもありますが、深夜手当などの割合が多くなるので、勤務時間の割に給料が多くなります。

なので効率よく稼ぎつつ、プライベートの時間もある程度欲しい方にはメリットとなるでしょう。

三交代のデメリット

二交代より生活リズムが乱れる

生活のリズムが3パターンになるので、2交代制よりさらに乱れやすくなります。

慣れるまではかなり時間がかかるようです。

シフトがややこしい

3パターンの勤務時間があるので、やはりややこしいです。

特に3交代制だと、4勤2休だったり、4組3交代制など、特殊な勤務体系も多いので、わかりづらいです。

工場派遣の勤務時間ってどうなの?二交代や三交代とは?まとめ

まとめると、

通常勤務 → 生活リズムを大事にしたい人

      夜更かしができない人

2交代制 →稼ぎたい人

      深夜でも我慢して起きれる人

3交代制 →あんまり残業したくないけど、そこそこ稼ぎたい人

      いつでも寝れる人

ということですね。

かなりおおざっぱにまとめましたが、自分にはどの勤務体系が合っているか参考になればと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました